2021年2月16日、ポルシェAGが新型「911GT3」を発表した。耐久レースですでにその実力が証明されている新型「911GT3カップ」のレーシングテクノロジーをそのまま量産車に移行したようなモデルで、まさに「自然吸気エンジン搭載の最強の911」と呼べる存在だ。なお、日本仕様の価格発表および予約受注開始は4月頃を予定しているという。

4L 6気筒エンジンは自然吸気で510psを発生

1999年、当時996型911シリーズのひとつのバリエーションとして誕生した初代「911GT3」は純粋なレーステクノロジーを市販仕様に移行させたような高性能モデルで、サーキット走行で素晴らしい性能を発揮すると同時に、日常でも乗りこなせることで大きな人気をを呼んだ。以来、911GT3は各世代で登場し、今回の992型911で4代目となる。

新型911GT3に搭載されるエンジンは、911 GT3 R、新型911 GT3カップの流れを汲む3996cc水平対向6気筒ガソリン自然吸気で、最高出力510ps/8400rpm、最大トルク470Nm/6100rpmにまで引き上げられている。駆動方式はRWDで、トランスミッッションは6速MTと7速PDKが用意される。

モータースポーツから生まれた911GT3だけに、そのディテールはサーキット由来であることが感じられるもので、ワイドなボディ、軽合金製鍛造ホイール、6連スロットルバルブ、電動調節式エグゾーストフラップ、スポーツエグゾーストシステム、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製フロントリッド、軽量ガラスウインドウ、レーシングブレーキディスク、911 RSR由来のスワンネック型リアウイング、ディフューザーエレメントなどに、その出自をうかがわせる。

コクピットは992型911カレラシリーズのものを基本に、スイッチを押すだけで中央レブカウンター(10000rpmスケール)の左右にあるデジタル表示を、タイヤ空気圧インジケーター、油圧、油温、燃料残量、水温などのサーキット走行に不可欠な情報に単純化する「トラックスクリーン」や、カーボンファイバーを一部に使った専用デザインのバケットシートなどが装備される。

その高性能ぶりはデータにも表れていて、最高速度は320km/h(6速MT)、0→100km/h加速3.4秒(7速PDK)をマーク、ニュルブルクリンクでは自然吸気エンジンを搭載した市販モデルとして初めてラップタイム7分を切っている。ポルシェ ブランドアンバサダーのヨルグ・ベルグマイスターも、ミシュランパイロットスポーツCup 2 Rタイヤを装着した911GT3のステアリングを握り、数周にわたってニュルブルクリンクでその性能を確認した後、「これまでニュルブルクリンクを走ってきた中でも、群を抜いた最高のプロダクションカーだ」と語ったという。

なお、カスタマイズされた装備を求めるユーザーのために、この911GT3でもポルシェエクスクルーシブマニュファクチャーの利用が可能で、カーボンファイバー製軽量ルーフ、カーボン製エクステリアミラートップ、ティンテッドLEDマトリックス ヘッドライト、エクスクルーシブデザインリアライトなども用意される。

画像: 992型ポルシェ911で登場した「911GT3」。サーキット由来であることを強く感じさせる。

992型ポルシェ911で登場した「911GT3」。サーキット由来であることを強く感じさせる。

ポルシェ911GT3 主要諸元

●全長×全幅×全高:4573×1852×1279mm
●ホイールベース:2450mm
●車両重量:1418kg(6速MT)、1435kg(7速DCT)
●エンジン種類:水平対向6気筒DOHC
●排気量:3996cc
●最高出力:510ps/8400rpm
●最大トルク:470Nm/6100rpm
●レブリミット:9000rpm
●燃料タンク容量:72L
●トランスミッション:6速MT/7速DCT
●駆動方式:RR
●タイヤサイズ:前255/35ZR20、後315/30ZR21
●最高速:320km/h(6速MT)、318km/h(7速DCT)
●0→100km/h加速:3.9秒(6速MT)、3.4秒(7速DCT)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.