ホンダは2021年4月にコンパクトSUV、新型ヴェゼルをフルモデルチェンジさせる。これを前にした2021年2月18日、新型のエクステリア/インテリア デザイン、主要装備などを世界初公開した。
画像: 新型ヴェゼルの商品開発責任者である岡部宏二郎氏と、「PLaY(写真左)」と「Z」。

新型ヴェゼルの商品開発責任者である岡部宏二郎氏と、「PLaY(写真左)」と「Z」。

目指した主な提供価値は、「信頼」、「美しさ」、そして「気軽な愉しさ」

ヴェゼルは、ホンダのコンパクトSUVだ。2013年にデビューした現行型が初代モデルで、今回が初のフルモデルチェンジとなる。今回のワールドプレミアでは、内外装のデザイン、主要な装備、そして先進安全装備やコネクテッド機能の進化点などが発表されたが、サイズやパワーユニットなどの諸元と車両価格は発表されていない。詳細は、2021年4月に予定されている正式発表まで待たなければならない。

新型ヴェゼルのグランドコンセプトは「AMP UP YOUR LIFE」。日常生活の質の向上を重視し、アクティブで新しいものにオープンな、今の時代を生きる人々に向けて、実用性だけでなくプラスアルファの体験価値を提供することで、日々の生活の楽しさを増幅=AMP UPさせるようなモデルを目指したという。

目指した主な提供価値は、
・信頼:誰もが自信と安心感を持って運転できること
・美しさ:デザインの美しさを追求するだけでなく、使う人の所作までも美しく見せること
・気軽な愉しさ:五感に訴えかける爽快な運転体験で、楽しく活力に満ちた毎日を送れること
の3点だ。

画像: スリーク&ロングキャビンと呼ばれる、低全高でファストバックのスタイリング(写真はZグレード)。

スリーク&ロングキャビンと呼ばれる、低全高でファストバックのスタイリング(写真はZグレード)。

スタイリングは大きく変わった。SUVという形態は同じだが、クーペライクなプロポーションを際立たせて、全席に爽快な視界を提供する水平基調の「スリーク&ロングキャビン」を採用した。フロントまわりはボディ同色のグリルで一体感を高めている。伸びやかなスタイリングのため、従来型よりサイズが大きくなったように見えるが、実際には全高を少し低められているものの、全長と全幅は従来型とほぼ変わらないという(現段階では外寸は未発表)。

インテリアも変わった。「塊り感」のあるソリッドなフォルムを重視してSUVの力強さを表現した一方、身体に触れるような近い部位には、柔らかな触感と形状のパッドをあしらい、強さと優しさを兼ね備えた空間をデザインしている。メーターなどの視認系はインパネまわりの上方に、スイッチ類などは操作しやすい位置に配置し、視線移動の軽減や動線を考慮している。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.