2021年2月17日、三菱自動車工業(以下、三菱)は、クロスオーバーSUVのアウトランダーをフルモデルチェンジし、本年4月から米国、カナダ、プエルトリコで発売すると発表した。

オンラインで発表された新型アウトランダー。日本導入は、少し先か

画像: 2019年に発表されたコンセプトモデル「エンベルベルク ツアラー」のイメージを踏襲したスタイリング。

2019年に発表されたコンセプトモデル「エンベルベルク ツアラー」のイメージを踏襲したスタイリング。

アウトランダーは、三菱がグローバルに展開するクロスオーバーSUVだ。2001年に初代が登場して以来、2020年12月までに世界累計で約260万台を販売している。北米では2002年に三菱初のクロスオーバーSUVとして投入され、3代目となる現行型まで好評を博している。

4代目となる新型アウトランダーは、「威風堂々」をコンセプトに、スタイリング、走行性能、上質感を大幅に進化させ、行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したいというユーザーの想いに応える頼もしいSUVに仕上げられたという。

北米仕様のサイズは、全長4710×全幅1862×全高1748mm、ホイールベースは2706mm。現行型(北米仕様)より15mm長く、51mm幅広く、37mm高い。ホイールベースも36mm延長されている。全体的に少し大きくはなったが、このサイズであれば日本の街中でも持て余すことはないだろう。

画像: 北米仕様の現行型より15mm長く、51mm幅広く、37mm高い。ホイールベースも36mm延長されている。

北米仕様の現行型より15mm長く、51mm幅広く、37mm高い。ホイールベースも36mm延長されている。

デザインコンセプトに「BOLD STRIDE(ボールドストライド)」を掲げ、ドライバーが自信を持って新しい一歩を踏み出せる力強さや頼もしさを全身で表現している。水平基調のプロポーションにエッジの効いたシャープなキャラクターライン、20インチの大径タイヤと張り出したフェンダーが、堂々とした佇まいや存在感と安定性を実現している。

フロントのダイナミックシールドは新世代のデザインとなった。デイタイムランニングランプとターンランプを薄くシャープな形状で上部に配置して対向車や歩行者からの被視認性を向上。ヘッドランプはその下のバンパーサイドに配置して、より路面を明るく照らしつつワイドボディを強調している。リアゲートには六角形のモチーフを用いて、タイヤを背負ったパジェロ伝統のリアスタイルをインスパイアしている。Tシェイプのテールランプはワイドなイメージで安定感をさらに強調する。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.