グループPSAジャパンでは、アーバンドック ららぽーと豊洲の屋外スケートリンク「Sea Side アイススケートリンク」に、シトロエンの特装車「LE PETIT CITROEN(ル・プティ シトロエン)」を2月28日まで展示中だ。

ベルランゴ バンをベースにしたユニークなスペシャルカー

グループPSA ジャパンでは、三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲の屋外アイススケートリンク「Sea Side アイススケートリンク」をシトロエンがスポンサードしていることで、ベルランゴをはじめとしたシトロエンの人気モデルを月替わりで展示している。

2月28日(日)までは、「LE PETIT CITROEN(ル・プティ シトロエン)」というユニークな特装車を展示している。「小さなシトロエン」を意味するこのクルマ、実はフランス本国が制作したイベント用のスペシャルカーだ。ベースとなっているのは、欧州仕様のベルランゴ バン、つまり商用バージョン。したがって、日本で(もちろん欧州でも)販売されている乗用車仕様のベルランゴとはフロントフェイスなどもかなり異なっている。

ボディはシトロエンのブランド カラーでもある赤と白の2トーンにペイントされ、ルーフにはキャリアも備わる。商用車なのでリアサイドウインドーはブラインドとなり、ラゲッジスペースには巨大な引き出し(?)がセットされ、引き出せばシトロエングッズが陳列されるショーケースに・・・。

画像: ラゲッジスペースにセットされた巨大な引き出しには、シトロエン グッズを陳列。

ラゲッジスペースにセットされた巨大な引き出しには、シトロエン グッズを陳列。

当然ながら、現在のところ日本に1台しかいない(はず)のベルランゴ バン。しかも残念なことに、このベルランゴ バンは日本で販売される予定はない。というわけで、シトロエン ファンはもちろんのこと、働くクルマが好きな人も、ぜひ見ておきたい1台だ。乗用車仕様のベルランゴとはどこが違うのか、そのディテールを観察してみるのも楽しいだろう。

また、土日に来場してアンケートに答えれば、歴代シトロエンをモデルとしたシトロエン オリジンズミニカーが来場一組に1台、もれなく手に入れられるというのもうれしい。

画像: 会場でアンケートに答えると手に入れられるミニカー。

会場でアンケートに答えると手に入れられるミニカー。

なお、このル・プティ シトロエンは、このあとも日本でのシトロエンの各イベントに出没予定だという。今回、ららぽーと豊洲までは見に行けない!という人は、どこかのイベント会場で見かけられることに期待しよう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.