ドイツに本拠地を置くサスペンションメーカー「ビルシュタイン」は、ストリートからサーキットまで、幅広いニーズに応えるサスペンションをリリースしている。今回新たに加わったのは、現行型BMW 3シリーズ(G20/G21)用の「EVO T1」車高・減衰力調整式サスペンションだ。

減衰力調整は10段階、車高は最大70mm下げることができる

ビルシュタインのEVO Tシリーズは、モータースポーツで培った技術を投入したネジ式の車高調整機構とする。減衰調整機構はリバウンドとバンプを同時に10段階調整ができるデュアルクリックを採用。さらに車高は最大で70mmまで下げることができ、自分の使用目的にあったベストな高さにセットすることが可能だ。

ビルシュタインといえば黄色をイメージするが、EVO T1はこれまでとは対照的なマットブラックでペイントされている。適応モデルは、年式2019年3月~、318i/320i/330i/330e/320d xDrive/M340i xDrive。ただし、EDC装着車には装着できないとしている。価格は40万7000円(税込)。

画像: ノブを回すことでリバウンドとバンプを同時に10段階で調整できる。

ノブを回すことでリバウンドとバンプを同時に10段階で調整できる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.