パリを舞台に⼈⿂のラブストーリーを描いた映画『マーメイド・イン・パリ』が、2⽉11⽇(⽊・祝)より新宿ピカデリーほか全国で公開中です。この度、監督とキャスト・インタビューを交えた特別映像が解禁となった。

「歌と音楽こそが愛を導く糸」

恋の都パリ。セーヌ川に浮かぶ⽼舗のバーでパフォーマーとして働くガスパールは、ある夜、傷を負い倒れていた⼈⿂を⾒つける。ルラと名乗る⼈⿂は、美しい歌声で出会う男性を虜にし、⼼臓を破裂させ命を奪っていた。ルラは、ガスパールの命も奪おうとするが、過去の失恋から恋する感情を捨て去ってしまったガスパールには、その歌声が全く効かなかった︕

恋を知らぬまま、美しい歌声で男性を魅了し、その命を奪ってきた⼈⿂ルラ。恋を捨ててしまった⼼優しい男性ガスパール。ふたりの男⼥が、偶然にもパリで出逢い恋に落ちる。おとぎ話のようなこの恋物語をドラマチックに描いたのは、フランスのカリスマアーティスト、マチアス・マルジウ。主演に⼆コラ・デュヴォシェル、マリリン・リマを迎え、共演にはロッシ・デ・パルマをはじめ、ロマーヌ・ボーランジェ、チェッキー・カリョらフランスの名優が脇を固め、忘れがたいアクセントとなっている。

画像1: 「歌と音楽こそが愛を導く糸」

この度到着したのは、マチアス・マルジウ監督と、ヒロインの⼈⿂ルラを演じたマリリン・リマのインタビューを交えた特別映像。劇中の⾳楽はマチアス監督率いるバンド、ディオニソスが⼿がけており、歌によって男性を虜にし、その命を奪う⼈⿂・ルラとガスパールによるデュエット曲を始め、たくさんの楽曲が作品を彩っている。

「⾳楽は本作のDNAだ」とコメントするマチアス監督は「映画の脚本と⼩説と同時に歌も作り始めた」と、物語と⾳楽を並⾏して作り上げていったこと明かす。それほどにまで⾳楽に⼒を⼊れた本作の出演にあたり「(歌は)お⾵呂では歌うと答えたわ」と語るマリリンは、「この監督となら歌えると思ったわ」と監督への信頼を語る。撮影や収録では「⾃分は歌⼿だ」と⾔い聞かせて演じ、「全てが⾳楽と⼀体だった」という貴重な経験を振り返る。

画像2: 「歌と音楽こそが愛を導く糸」

そんなマリリン・リマほかキャストについて監督は「最後まで歌いきってくれて満⾜している。すごくよかった」と彼らの歌のおかげで、観客は映画の世界に深く⼊り込めたと感謝の気持ちを述べ「歌
と⾳楽こそが愛を導く⽷となるんだ」、「⾳楽で語ることで現実と幻想がつながるのさ」と⾃⾝のロマティックな世界観を語っています。

画像: 『マーメイド・イン・パリ』特別映像:映画音楽の舞台裏 youtu.be

『マーメイド・イン・パリ』特別映像:映画音楽の舞台裏

youtu.be

【STORY】恋の都パリ。セーヌ川に浮かぶ⽼舗のバーのオーナーの息⼦で、パフォーマーとして働くガスパールは、ある夜、傷を負い倒れていた⼈⿂ルラを⾒つける。ルラは、美しい歌声で出会う男性を例外なく虜にし、恋に落ちた男性の⼼臓を破裂させ命を奪っていた。ルラは、ガスパールの命も奪おうと歌をうたうが、過去の失恋の経験から、恋する感情を⼀切捨て去ってしまったガスパールには、その歌声が全く効かなかった。ルラを懸命に看病するガスパール。その献⾝的な優しさに、ルラは次第に⼼惹かれていく。しかし、⼈⿂であるルラは2⽇⽬の朝⽇が昇る前に海に帰らねば命を落としてしまうという。と同時に、ガスパールの体に異変が起こる。胸がギュッと締め付けられるように苦しいのだ。そんな中、ルラに夫を殺された⼥医のミレナがルラを探しあて…。パリで出会ったふたりは、無事に恋を成就させることが出来るのかー?

出演︓ニコラ・デュヴォシェル、マリリン・リマ、ロッシ・デ・パルマ、ロマーヌ・ボーランジェ、チェッキー・カリョ
監督︓マチアス・マルジウ原題︓Une sirène à Paris 2020/仏/102分/G
提供・配給︓ハピネット

©2020 – Overdrive Productions – Entre Chien et Loup – Sisters and BrotherMitevski Production – EuropaCorp - Proximus

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.