カー用品店の「オートバックス」を運営するオートバックスセブンが、自分らしさを表現できるプレミアムなガレージハウス「BACSPOT朝霞(バックスポットあさか)」を埼玉県朝霞市に新築した。「BACSPOT」とは、「AUTOBACS」の「BACS」と、人々が集う場所としての「SPOT」を合成した造語だという。

プレミアム感を演出するエクステリアデザインを採用

集合住宅タイプのガレージハウスは、1階がガレージで、2階が居住スペースという間取りが多く、今回紹介する「BACSPOT朝霞」もこれに属する。つまりシャッター付きの駐車スペースと居住スペースが繋がっているので、雨が降っていようとも濡れることなくクルマの乗り降りができるのだ。

さらに最近増加傾向にあるクルマの盗難やイタズラ、そして雨や黄砂、紫外線などといった自然由来のダメージも抑制してくれるので安心してクルマを駐車することができる。とはいえ、やはり一番の魅力は、好きな時間に周りの目を気にせずに、メインテナンスやカスタマイズを行えることだろう。

気になるガレージの設備だが、自由にレイアウトできる可動式照明用レールをはじめ、部品洗浄や手洗いに便利な温冷給水シンク、EVやPHEVなどの電動化モデルに対応した充電用電源コンセントが設置される。これだけ充実した設備が完備されているのだから、クルマ好きにはたまらない環境だろう。

画像: 可動式照明用レールをはじめ、部品洗浄や手洗いに便利な温冷給水シンク、EVに対応した充電用電源コンセントなども完備する。

可動式照明用レールをはじめ、部品洗浄や手洗いに便利な温冷給水シンク、EVに対応した充電用電源コンセントなども完備する。

そしてこのガレージハウスのキーワードである「プレミアム」は、黒を基調としたデザイン性の高い外観を採用することで高級感を演出している。もちろんシャッターは電動式となっている。間取りは、「駐車スペース2台/4部屋タイプ」、「駐車スペース1台プラスアルファ/3部屋タイプ」、「駐車スペース1台/1部屋タイプ」で、賃料は15万8000円~16万5000円となっている。

「BACSPOT朝霞」は、2021年2月15日から募集を開始。入居時期は2021年3月26日を予定している。クルマとともに過ごす特別な時間と場所を提供する「BACSPOT朝霞」、それはプレミアムなガレージライフの始まりでもあるのだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.