4月29日(木・祝)公開の映画『くれなずめ』より、主演・成田凌をはじめとしたアラサー男子6人の場面写真が到着した。

ドラマ「バイプレイヤーズ」シリーズや映画『アズミ・ハルコは行方不明』 『アイスと雨音』など手掛けた松居大悟監督がメガホンをとった映画『くれなずめ』が、4月29日(木・祝)全国公開となる。

物語は、かつて松居監督自身の実体験をモチーフに書かれた完全オリジナルの舞台劇を映画化。
友人の結婚式で余興を披露するために久々に集まった高校時代の旧友たちが過ごす、結婚式の【披露宴から二次会までの狭間】を描いた笑いとヤセ我慢と切なさが同居した青春の残りカスが心に刺さる、様々な狭間に立つアラサー男子 6 人による驚きと感動の物語。

5年ぶりに友人の結婚式で再結集したアラサー男子6人を、NHK 連続テレビ小説「おちょやん」でもメインキャストとして出演する成田凌をはじめ、若葉竜也、浜野謙太、藤原季節、目次立樹、高良健吾の面々が演じる。
高校時代、帰宅部でつるんでいた6人。友人の結婚披露宴で(赤フンダンスの)余興をやるべく5年ぶりに集まり、久しぶりに出会った彼らは、その余興の後、“披露宴”と“二次会”の間の妙に長い“狭間”の時間を持て余しながら、昔の思い出に想いを馳せる。
「しかし吉尾(成田)、お前ほんとに変わんねぇよな。なんでそんなに変わんねぇの? まあいいか、そんなのどうでも」そう、ぼくたちは認めなかった。友人がある日突然、死んでしまったことをー。この微妙な“狭間”の 時間に起こる出来事は見るものの予想を超えていく。

画像1: 成田凌主演映画『くれなずめ』若葉竜也、浜野謙太、藤原季節、目次立樹、高良健吾らアラサー男子の場面写真解禁!

解禁された写真には、友人の結婚式が終わった後、吉尾が高校時代一緒に清掃委員を務めていたミキエ(前田)と再開し、それを冷やかす様に5人が遠巻きに眺めるシーンや、文化祭の打ち上げをしていたカラオケボックスで、彼ら6人組が怖がっていたヤンチャな同級生・松岡 (城田)と鉢合わせてしまいドギマギする様子や、ソース(浜野)が奥さん(内田)とともに夕飯の買い物をしていた時に、全く予想していなかった内容の連絡を受け、動揺する姿のほか、ある瞬間、抑えきれなくなった感情を爆発させる明石(若葉)の姿などを捉えている。

画像2: 成田凌主演映画『くれなずめ』若葉竜也、浜野謙太、藤原季節、目次立樹、高良健吾らアラサー男子の場面写真解禁!
画像3: 成田凌主演映画『くれなずめ』若葉竜也、浜野謙太、藤原季節、目次立樹、高良健吾らアラサー男子の場面写真解禁!
画像4: 成田凌主演映画『くれなずめ』若葉竜也、浜野謙太、藤原季節、目次立樹、高良健吾らアラサー男子の場面写真解禁!
画像5: 成田凌主演映画『くれなずめ』若葉竜也、浜野謙太、藤原季節、目次立樹、高良健吾らアラサー男子の場面写真解禁!
画像6: 成田凌主演映画『くれなずめ』若葉竜也、浜野謙太、藤原季節、目次立樹、高良健吾らアラサー男子の場面写真解禁!

タイトルの『くれなずめ』は、「暮れなずむ」を変化させ、命令形にした松居監督自身による造語。日が暮れそうでなかなか暮れないでいる状態、転じて、前へ進もうとしても障害があってうまく進めないでいる状態を形容している。
しょうもないことで笑っていたあの頃があるから、今の自分があることを思い出させてくれるそんな作品『くれなずめ』。

STORY

高校時代、帰宅部でつるんでいた6人の仲間たちが、5年ぶりに友人の結婚披露宴で「赤フンダンス」の余興をやるべく集まった!めちゃくちゃ恥ずかしいダンスをやりきった披露宴と、二次会の間の妙に長い時間を持て余しながら、高校時代を思い出す・・・「しかし吉尾、お前ほんとに変わんねぇよな。なんでそんなに変わんねぇの?まあいいか、そんなのどうでも」そう、僕たちは認めなかった。ある日突然、友人が死んだことをー。

映画『くれなずめ』

4月29日(木・祝) テアトル新宿他にて全国ロードショー

監督・脚本:松居大悟

出演:成田 凌 若葉竜也 浜野謙太 藤原季節 目次立樹/飯豊まりえ 内田理央 小林喜日 都築拓紀(四千頭身)/城田 優 前田敦子/滝藤賢一 近藤芳正 岩松 了/高良健吾

主題歌:ウルフルズ「ゾウはネズミ色」(Getting Better / Victor Entertainment)

配給・宣伝:東京テアトル
制作プロダクション:UNITED PRODUCTIONS
特別協力:エレファントハウス
製作:「くれなずめ」製作委員会(UNITED PRODUCTIONS ハピネット 東京テアトル Fly Free Entertainment カラーバード)
©2020「くれなずめ」製作委員会

公式サイト:kurenazume.com
公式 Twitter:@kurenazume
公式インスタグラム:@kurenazume

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.