好バランスが光るミドルスポーツネイキッド、MT-07の実車を捕捉!インパクト十分な大胆フェイスを撮影してきたぞ。エンジンにも熟成の手が入った新型の魅力をチェックしていこう。

ヤマハ新型「MT-07」車両概要

画像: YAMAHA MT-07 ABS 総排気量:689cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:805mm 車両重量:184kg

YAMAHA MT-07 ABS

総排気量:689cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:805mm
車両重量:184kg

各部にも改良を施した充実のアップデート!

2014年に登場したMT‐07は、シンプルでスリムな構成のフレームによるスマートなボディワークと、270度クランクを採用して扱いやすさとリニアなトルク特性を両立させた、689cc水冷並列ツインエンジンが特徴。素直で扱いやすいハンドリングと軽快なスポーティさを兼ね備えている、バランスの良いスタンダードネイキッドスポーツとして支持されてきた。

2年ぶりにモデルチェンジされ、3世代目となった新型は、兄貴分のMT-09同様の斬新なスタイリングを採用。バイファンクションLEDヘッドライトを採用したフロントマスクに加え、燃料タンク周りのデザインも一新。個性際立つ、インパクトあるスタイルに変身した。

エンジンはユーロ5規制に対応すると共に、排気系の変更やFIの改良によってレスポンスを改善。ライディングポジションを従来よりゆったりとした設定とするなど、各部を煮詰めて一層完成度が高められた。

画像: 2021 Yamaha MT-07: Features & Benefits www.youtube.com

2021 Yamaha MT-07: Features & Benefits

www.youtube.com

ヤマハ新型「MT-07」各部装備・ディテール解説

画像: LEDヘッドライトを採用したコンパクトなフロントマスクに加え、一新された燃料タンクカバー、フレームカバーによってイメージチェンジ。

LEDヘッドライトを採用したコンパクトなフロントマスクに加え、一新された燃料タンクカバー、フレームカバーによってイメージチェンジ。

画像: 力強く引き締まったエアスクープ一体の燃料タンクから、シートを経てウイング形状のテールカウルまで続く流麗なボディラインも魅力。

力強く引き締まったエアスクープ一体の燃料タンクから、シートを経てウイング形状のテールカウルまで続く流麗なボディラインも魅力。

画像: 評価の高いエンジンの基本構造は受け継ぎつつ新しいECUを採用しFIを改良、さらにエアダクトや排気系も見直してリファインされた。

評価の高いエンジンの基本構造は受け継ぎつつ新しいECUを採用しFIを改良、さらにエアダクトや排気系も見直してリファインされた。

画像: フロントブレーキのローターをφ282㎜からφ298㎜にまで大径化。それにともなってフォークアウターチューブの形状も変更された。

フロントブレーキのローターをφ282㎜からφ298㎜にまで大径化。それにともなってフォークアウターチューブの形状も変更された。

画像: φ245㎜のリアブレーキローターはMT-09用と同じもの。標準装着されているタイヤはミシュランのロード5だ。

φ245㎜のリアブレーキローターはMT-09用と同じもの。標準装着されているタイヤはミシュランのロード5だ。

画像: LEDコントロールユニットをタンデムシート下に配置し、フロントマスクをコンパクト化。Yシェイプを取り入れたポジションランプもLED。

LEDコントロールユニットをタンデムシート下に配置し、フロントマスクをコンパクト化。Yシェイプを取り入れたポジションランプもLED。

画像: 反転タイプの液晶を使用したメーターパネル。コンパクトなサイズの中で、良好な視認性と多機能を両立させている。

反転タイプの液晶を使用したメーターパネル。コンパクトなサイズの中で、良好な視認性と多機能を両立させている。

画像: アルミ製テーパーバーハンドルを新採用。幅が32㎜広く高さは12㎜高い設定で、幅広いライダーに対応できるポジション設定となった。

アルミ製テーパーバーハンドルを新採用。幅が32㎜広く高さは12㎜高い設定で、幅広いライダーに対応できるポジション設定となった。

画像: シートの基本デザインは従来モデルを踏襲、シート高805㎜も変わらず。スリムなボディもあって足着き性は良好。

シートの基本デザインは従来モデルを踏襲、シート高805㎜も変わらず。スリムなボディもあって足着き性は良好。

画像: 新しいシャープなデザインのテールカウル後端に、LEDテールランプが埋め込まれている。ウインカーも前後共にLED。

新しいシャープなデザインのテールカウル後端に、LEDテールランプが埋め込まれている。ウインカーも前後共にLED。

ヤマハ新型「MT-07」主なスペック(欧州仕様)

全長×全幅×全高2085×780×1105mm
ホイールベース1400mm
最低地上高140mm
シート高805mm
車両重量184kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量689cc
ボア×ストローク80.0×68.6mm
圧縮比11.5
最高出力54kW(73.4PS)/8750rpm
最大トルク67N・m(6.8kgf・m)/6500rpm
燃料タンク容量14L
変速機形式6速リターン
キャスター角24.5゜
トレール量90mm
タイヤサイズ(前・後)120/70 ZR 17M/C(58W) ・180/55 ZR 17M/C(73W)
ブレーキ形式(前・後)298mmダブルディスク・245mmシングルディスク

文:オートバイ編集部/写真:赤松 孝

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.