AVO TURBOWORLD JAPAN(以下AVO)が展開するNAエンジン用のターボキット。得意のスバル車を筆頭に、現行ロードスター用では、1.5Lと2Lエンジン用のターボキットをラインアップする。いったいNDロードスターにターボを装着するとどんな走りをするのか?!実際にこのキットを装着したオーナーのインプレッションを紹介する。

ターボキットは1.5L、2Lエンジンともに専用設計

画像: ダムドのデモカーに装着されているAVOのターボキット。1.5Lにターボを装着するとプチドッカンターボになり、楽しさが倍増するそうだ。

ダムドのデモカーに装着されているAVOのターボキット。1.5Lにターボを装着するとプチドッカンターボになり、楽しさが倍増するそうだ。

AVOはロードスターのターボ化を実現するために5つのことを重視している。①インテークシステムを最大限に活用する。②エキゾーストシステムを最大限に活用。③インタークーラーのパフォーマンスを最大限発揮できる設計とする。④最先端のシステム、技術によるパッケージングを実現。⑤各パーツを適材適所に配し、最高の性能を発揮させる。

この理念に沿って製作されたターボキットはストレスない加速と太いトルクでこれまでに体験したことのない走りを実現してくれる。でも一番気になるのは価格だろう。このターボキットだが、なんと取り付け工賃を含めて50万円からスタートという設定。取り付け工賃込みでこの価格は想像していたより安いと感じる。これならハイパワーを求めるユーザーだけでなく、誰もが気軽にターボ仕様を楽しめる現実的なプライスと言える。

1.5Lエンジンのターボ仕様は、ノーマルでは味わえないドッカンパワー

画像: ぱっと見、どこにターボがあるのかわからない。まさに「羊の皮を被った狼」となったNDロードスターのエンジンルーム。

ぱっと見、どこにターボがあるのかわからない。まさに「羊の皮を被った狼」となったNDロードスターのエンジンルーム。

2Lエンジンを搭載するRFモデルに比べ、非力さは否めない1.5Lのソフトトップ。だからこそ1.5Lにターボを装着する意味は大きい。実際に1.5Lのターボ仕様に乗ってみると、加速ポイントがわかりやすい。つまり後付けターボ感のある「プチどっかんターボ」と表現するのが分かりやすいだろう。これがまたクセになるほど楽しいのだ。

一方、2Lエンジンを搭載するRFのターボ仕様は、違和感のないツアラー的な味付けになっている。わかりやすく言えば排気量を拡大したNAエンジンのようにクセがないフィーリングだ。

それらを加味すると、ソフトトップはだんぜん6速MTを勧める。RFはさらにパワフルな分、6速ATでも十分スポーティな走りが楽しめる。同じターボ仕様でも、どちらも素性の良さを引き出す味付けなので、ロードスターらしさを損なわずにターボパワーを楽しめる。どちらにせよ、ノーマルでは味わえない豪快な加速を体感できるのは間違いない。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.