クロスカブ110をより楽しみたい、CT125・ハンターカブやスーパーカブC125とかの125ccモデルにも負けたくない! というわけでクロスカブ110に、サブコン(エニグマ)、ハイカム(TAKEGAWA)、ビッグスロットルボディ(TAKEGAWA)、フルエキゾーストマフラー(DELTAバレル4)で、パワーの底上げを図ってみるぞ。

ホンダ「クロスカブ110」にモアパワー! サブコンとは?

オフロードからオンロードまで、シーンを選ばず楽しめるクロスカブ110。ハンターカブ登場後も高い人気を誇ってる名車です。ノーマル状態でも十分に気持ちの良い走りをしてくれる、素晴らしいバイクなんだけど、人の欲望に限りは無いわけで。さらなる向上も狙いたくなっちゃうのよね。なんならCT125&C125にも負けたくない、本音は勝ちたい。

というわけで、DELTA バレル4-MiniサイレンサーTAKEGAWA ビッグスロットルボディを装着したSKTさん。でもなんとなくゴキゲンいまいちなようで。

SKTさん

実はですね、DELTAのバレル4-Miniサイレンサーとビッグスロットルボディを付けてるんですが、思ったよりパワーが出てない気がするんですよ。

これってなんとかならないのかなあ。

そんな時は、助けてカビィさーん。

画像1: M&F Cuby 代表:影山さん

M&F Cuby
代表:影山さん

毎度です。

インジェクション車ですか、良いですね。

うち、キャブ車中心と思われがちなんですが、実はインジェクションもかなり得意なんですよ。
こんなのとかもやってますよ。

画像: 初期型スーパーカブにインジェクションのエンジンを載せたけど、なかなか難しかったのでカビィさんに持ち込まれたC100。ポンプやらガソリンタンクやらを加工しまくって、良い感じに走れるように仕上げたとのこと。

初期型スーパーカブにインジェクションのエンジンを載せたけど、なかなか難しかったのでカビィさんに持ち込まれたC100。ポンプやらガソリンタンクやらを加工しまくって、良い感じに走れるように仕上げたとのこと。

お、それは頼もしい。では、宜しくお願いします。

画像2: M&F Cuby 代表:影山さん

M&F Cuby
代表:影山さん

DELTAのバレル4-Miniサイレンサーも、ビッグスロットルボディも、各々ノーマルエンジン向けなので、両方入れるとインジェクションセッティングの調整幅が、足りなくなるのかもしれませんね。

マフラーとビッグスロボの実力をちゃんと活かすためにサブコンいれましょう。

あとせっかくいじるならハイカムがオススメです。個人的には必須と言っても良いかもしれません。

ハイカムはカムだけど、サブ…コン…?
調べてみたらバイクのECU(エンジンコントロールユニット)の補助(サブ)するコンピューターらしい。
簡単に言うと、インジェクションセッティング用の機械ってことですね?

画像3: M&F Cuby 代表:影山さん

M&F Cuby
代表:影山さん

その理解でおおむね大丈夫ですよ。
補助するのがサブコン、ECUを丸ごと交換するのがフルコンですね。

サブコンを入れることでセッティングが可能になるので、パーツのポテンシャルを引き出すことが出来る、というかこれがないとセッティングできないので宝の持ち腐れになってしまいます。

あと、今どきのサブコンはスマホでコントロールできるので、割と楽しいですよ。

文字だけだとピンとこないので、図にしてみた。
まずはキャブ車の構造とセッティングする場合ね。
相当簡略化してるので、ご容赦を。

で、インジェクションの場合はこんな感じ。
スーパーカブの場合はPGM-FIというシステムになるんだけど、ほんとはあっちこっちにセンサーやらなんやらあってその総称ね。省略しまくりだけど。

つまりインジェクション車をいじるなら、必須といっても良い感じなんですね。

ではでは作業お願いします! あ、SKTさん、進めちゃって良いですよね?

SKTさん

是非お願いします!

装着アイテムを紹介しつつ作業開始。

これらのパーツでパワーアップ。

オフロードパーツの雄、ダートフリークによるDELTAマフラー。その中でもクロスカブ専用に設計されたJMCA対応のアップマフラー。低回転からしっかり出てくるキャラクターはオフでもオンでも気持ち良い走り。

スロットルボディの口径自体を大きくすることで吸気量がアップするぞ。

ハイカムは、エンジンをいじるならほんとオススメ。激変するよ。唯一の難点は見た目が変わらないことくらいかな。

エンジンパーツや吸排気を変更した場合に俄然役に立つのがサブコン。個人的には、これからのカスタムにおける基本になりそうな気がしてる。スマホでマップいじれるのは、正直キャブより敷居が低いと思うのです。

装着作業お願いします。

すでにビッグスロットルボディとマフラーが装着されてるので、今回はスポーツカムとエニグマの装着。

ちなみにビッグスロットルボディは純正のスロットルボディと交換するだけ。
交換するだけっていっても外装外すからちょっと大変。

マフラーも純正と置き換えるだけ。クロスカブはレッグシールド外さなくても交換できるから、これ簡単。DELTAのバレル4-Miniサイレンサーはクロスカブ専用なのでボルトオンでポン付けだぜ。

TAKEGAWAスポーツカムシャフト(N-15/20)の取り付け。

画像4: M&F Cuby 代表:影山さん

M&F Cuby
代表:影山さん

カム交換は、耐久性やリスクをそれほど増やさずに、劇的にパワーアップできるオススメカスタムです。

タケガワさんのハイカムは非常に完成度が高くて、ものすごく上が伸びるんですよ。ノーマルヘッド、ノーマルスプリングとは思えないくらい性能が出てますよ。

ノーマルエンジンでも効果は大きいですが、ボアアップエンジンの場合はもはや必須ですね。

エニグマ タイプV RTFの取り付け

画像5: M&F Cuby 代表:影山さん

M&F Cuby
代表:影山さん

右サイドカバー内に押し込むとかなり窮屈で無理がありそうなので、左サイドカバー内に取り付けました。

配線穴を開ける必要がありますが、装着としてはかなりスマートに出来ると思います。

うまくやれば外装を外さなくても済むので、かなり楽ですよ。

で、このあとせっせとカビィさんがセッティングをしてくれて、出来上がり。

というわけで完成。

画像1: というわけで完成。

とはいえ見た目だとDELTA バレル4しかわかんないや。

画像2: というわけで完成。
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.