2008年、セダンの登場してから4カ月、アウディA4の本命とも言うべき「アバント」が日本にやってきた。Motor Magazine誌はA4アバント上陸を機にワゴン特集を企画、A4アバント 3.2FSIクワトロと1.8TFSIを連れ出して試乗テストを行っている。今回はその時の模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2008年10月号より)

内面の美しさにも強いこだわりを見せるアウディ A4アバント

2008年3月のセダンのデビューから約4カ月。新型アウディA4に早くも加わった新しいラインアップがアバントだ。

この新型A4アバント、世界ではもちろん、ここ日本市場でのアウディにとっては、きわめて重要なモデルと言えるだろう。低迷する輸入車市場の中で、前年比プラスの販売実績を挙げ続けるなど健闘を見せるアウディではあるが、目標はまだまだ先にある。望まれる躍進。そのためには主力のA4が、新型となったこのタイミングで大きく飛躍することが必須なのである。

先代A4の販売実績において、半数以上をアバントが占めたという事実も、その点で見逃すことはできない。つまり、きわめて重要なシリーズの、販売の半数以上を占めることが予想されるのが、このA4アバント。アウディにとって、これは絶対に成功させなくてはいけないモデルなのだ。

無論、我々ユーザーにとっても注目すべきモデルであることは言うまでもないだろう。A4アバントはアウディのイメージを牽引する存在であり、また当然、販売の主力である。アウディの既存のオーナーやファンにとってはもちろん、このセグメントの購入層にとっては、セダン以上に強く意識せざるを得ないモデルであるに違いない。では一体その内容は、十分に期待に応えるものに仕上がっているのか。じっくり検証していこう。

A4アバントへの厚い支持の最大の理由。それは、やはりスタイリッシュな存在感だろう。アウディ=アバントというイメージによる部分もあるが、アウディ自身が用いる「美しくなければアバントではない」というフレーズの通り、アウディの美意識は、すべて余すことなく、そこに投影されていると言っても過言ではない。

実際、新型A4アバントも「美しさ」にはこれまで以上のこだわりを見せる。しかも瞠目すべきは、見た目の美しさだけでなく、使い勝手なども含めた言わば内面の美しさの獲得にも力が注がれ始めたと感じられることだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.