「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、スバル エクシーガ 2.0GTだ。

スバル エクシーガ 2.0GT(2010年:一部改良)

画像: 今回の一部改良では、エクステリアの変更はない。ミニバンらしくないスポーティなスタイリングもいい。

今回の一部改良では、エクステリアの変更はない。ミニバンらしくないスポーティなスタイリングもいい。

エクシーガはスバルならではのシンメトリカルAWDシステムと、同社では唯一となる3列シートを採用することで、レガシィの走りを受け継ぐミニバンとして魅力は大きい。エクシーガに関しては、以前から何回か紹介しているが、その代表モデルであるGTが今回エンジン制御の見直しや、ATの駆動ロスの削減などといった改良が施されたことにより、燃費改善された。その結果、エコカー減税対象車となった。

補助金が出ているうちにクルマを買っておきたい。できれば、エクシーガだったらターボならではの走りが楽しめるGTを手に入れたい。そんな欲張りなオーナー予備軍にとっては、今回の一部改良されたエクシーガ 2.0GTはお待ちかねのモデルといえるだろう。

実際に試乗してみると、やはり2Lターボのエンジンは期待どおりに力強い。低速域ではやや緩慢な走り出しを見せるが、エンジン回転数が2500rpmを越えるあたりからターボの力強さが生かされ、そこから常にスムーズで粘り強いトルクを発揮してくれる。7人乗りという大きなボディを感じさせず滑らかに加速させていってくれることで、ミニバンならではの快適性も失われてはいない。

組み合わされるトランスミッションも、自然吸気版のリニアトロニックCVTではなく5速トルコンATを採用していることで、駆動系からの音や振動の侵入は少なく、さらにATの制御の見直しなどもあってか静粛性は心なしか高くなった印象だ。ひょっとしたら、エンジンのスムーズさにも貢献してくれているかもしれない。

画像: エンジン制御やトランスミッション制御の改良などで、排出ガス★★★★+燃費基準15%以上を達成し、エコカー減税&補助金対応車となる。

エンジン制御やトランスミッション制御の改良などで、排出ガス★★★★+燃費基準15%以上を達成し、エコカー減税&補助金対応車となる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.