オイルブランドの「Gulf(ガルフ)」とマクラーレンがパートナーシップ締結することを記念して、Gulf カラーをまとった「マクラーレン エルバ Gulf by MSO」が日本でも公開された。そのディテールを写真で紹介しよう。

ブルーとオレンジの鮮やかなボディカラーがエルバに映える

1960年代後半、マクラーレンの創始者であるブルース・マクラーレンがF1やCanーAmでレースに参戦を始めた頃から、ガルフはサポートしていた。1990年代後半には、スーパースポーツカーのマクラーレン F1がガルフ カラーをまとってル・マン24時間レースなどで優勝している。

そして2020年、マクラーレンとガルフ オイル ブランドは三たびパートナーシップを締結した。これを記念して、マクラーレンのビスポーク部門であるMSO(マクラーレン スペシャル オペレーションズ)がアルティメット シリーズのロードスター「エルバ」をガルフ カラーに彩ったのが、ここで紹介する「マクラーレン エルバ Gulf by MSO」だ。

撮影車は2020年10月に英国で開催された「グッドウッド スピード」で初公開されたモデルそのもの。ブルーとオレンジの鮮やかなガルフ カラーはネオクラシカルなスタイルのエルバによく似合っていた。ただ、撮影車はモックアップなので、残念ながら走行することはできない。

実車のエルバは、815psの最高出力と800Nmの最大トルクを発生する4LのV8ツインターボをミッドシップ搭載して後輪を駆動する。そのパフォーマンスは、0→100km/h加速が3秒未満、0→200km/h加速はマクラーレン セナより速い6.7秒とされている。

詳細なスペックは現段階では未発表のエルバだが、生産台数はわずか149台の限定モデルで、日本へも2021年の早い時期での導入が開始される予定だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.