2021年1月21日、グループPSAジャパンは、仏パリにあるルーヴル美術館の名を冠した特別仕様車「DS 7 クロスバック ルーヴル ブルーHDi」の発表を行った。

アートを感じさせ内外装に施されたる意匠の数々

アバンギャルドを標榜するDSオートモビルより、DS 7 クロスバックの特別仕様車「ルーヴル ブルーHDi」が登場した。美と未来へのヴィジョンを共有する、フランス パリの世界を代表するアートの殿堂「ルーヴル美術館」との長年に渡るパートーナーシップから生み出されたモデルで、文化と旅の芸術の融合がコンセプトだ。

ルーヴル美術館とのコラボレーションをひと目で感じ取ることができるのが、内外装に配されたガラスのピラミッド(ルーブル美術館のアイコン)をモチーフとした装飾類と、きらびやかなデザインの専用「LOUVRE(ルーヴル)」バッジ。特に、ドアミラーにレーザー加工されたガラスのピラミッド模様は、アートを感じさせるものとなっている。

エクステリアは、ブラックアウトされたフロントグリルフレームやルーフレール、サイドガラスモール、リアガーニッシュが印象的だ。標準モデルではクロームのDSウィングも、シャイニーブラックとされている。足元には、「ALEXANDRIA」と命名されたオリジナルデザインの20インチアルミホイールが装着される。

画像: DS 7 クロスバック ルーヴル ブルーHDiのドアミラーにレーザー加工されたガラスのピラミッド模様。

DS 7 クロスバック ルーヴル ブルーHDiのドアミラーにレーザー加工されたガラスのピラミッド模様。

インテリアは、オプション設定の最上級インテリア仕様「OPERA」が標準装備となる。インパネ全面に広がるムラ染のアートフィニッシュレザーや、それを縁取るオートクチュールの縫製の技法をアレンジしたというパールトップステッチが、ゴージャス感を演出している。

パワーソースは、最高出力130ps/最大トルク400Nmを発生する2Lディーゼルターボ。組み合わされるトランスミッションは8速ATとなる。

DS 7 クロスバック ルーヴル ブルーHDi 車両価格

右ハンドル仕様:660万円(税込)

DS 7 クロスバック ルーヴル ブルーHDi 主要装備

ルーヴルバッジ(ボンネット/フロントドア/テールゲート/ダッシュボード)
ピラミッドモチーフ レーザーエッチング入りドアミラー
ピラミッドモチーフ エンボス加工入りセンターコンソールフラップ
ピラミッドオーナメント入りフロントエアアウトレット
ウォッチストラップデザイン ナッパレザーシート
フロントシートベンチレーション
シャイニーブラック DSウィング/ウィンドウモール/ルーフレール/リアランプガーニッシュ
パノラミックサンルーフ
20インチアロイホイール「ALEXANDRIA」
グリップコントロール
DSアクティブスキャンサスペンション
DSコネクテッドパイロット
DSアクティブLEDビジョン
フロアマット
Focal HiFiオーディオシステム

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.