2020年もSUVの人気は衰えることはなく、各輸入車メーカーは相次いて新型車を市場に送り出した。世界的ブレイクの潮流は止まらないだろう。また、ハイブランドの動きやMPVの登場にも注目が集まった。(Motor Magazine2021年2月号より)

アストンマーティンも初となるSUVモデルを投入

2020年に上陸した輸入SUVをざっと見回して感じるのが、英国ブランドの活躍ぶりである。まず挙げたいのがランドローバー ディフェンダーだ。2019年に先行予約を受け付け、早い時期に完売となったローンチエディションやスタートアップエディションに続いて、4月からカタログモデルの受注が開始されたが、これが大変な人気を呼んでいる。

11月には2021年モデルが発表され、待望の3L直6ディーゼルターボ マイルドハイブリッドが追加となった。ショートホイールベースの90共々、日本へのデリバリーはもう少し先になりそうだが、選択肢が広がったことで人気はますます盤石となるに違いない。

秋口からデリバリーの始まったアストンマーティン初のSUV、DBXも話題の1台と言えるだろう。全長5mオーバーの巨漢ながら、スポーティでエレガンスも感じさせるスタイルに仕上げているのはさすがアストンマーティン。

アルミを主材とした極めて剛性の高いボディに搭載される4LのV8ツインターボエンジンは、提携関係にあるメルセデスAMGから供給を受けたものだが、チューニングはアストンマーティン独自で550ps/700Nmというパワースペックだ。

さらにもう1台、プレミアムブランドが次々とSUVをラインナップし始めたきっかけを作ったベントレー ベンテイガが、登場から5年を経て大幅なフェイスリフトを行ったのも印象的だった。

大型化されたグリルや新デザインの前後ランプでイメージはよりスポーティに。日本導入モデルとして当初発表されたのは550ps/770Nmの4L V8ツインターボ仕様だけだったが、後に6LのW12エンジン(635ps/900Nm)を搭載するベンテイガ スピードも登場している。

画像: アストンマーティン初のSUV、DBX。エクステリアにはDBグリルやフリップ付きテールゲートなど、ブランドのアイコン的なデザイン要素を上手く取り込んでいる。メルセデスAMGから供給を受けた550ps/700Nmの4L V8ツインターボエンジンと9速ATを搭載。ボディには独自のアルミニウムボンデッド工法を、4WDシステム、エアサスペンション、アクティブアンチロールバーには電子制御を用いてあらゆる路面と速度域で快適な走りを約束する。インテリアの豪華さも特筆すべきポイントだ。

アストンマーティン初のSUV、DBX。エクステリアにはDBグリルやフリップ付きテールゲートなど、ブランドのアイコン的なデザイン要素を上手く取り込んでいる。メルセデスAMGから供給を受けた550ps/700Nmの4L V8ツインターボエンジンと9速ATを搭載。ボディには独自のアルミニウムボンデッド工法を、4WDシステム、エアサスペンション、アクティブアンチロールバーには電子制御を用いてあらゆる路面と速度域で快適な走りを約束する。インテリアの豪華さも特筆すべきポイントだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.