2021年1月15日、ゼネラルモーターズ(以下、GM)ジャパンは、最新のラグジュアリーセダン「キャデラック CT5(Cadillac CT5)」を1月16日に販売を開始すると発表した。

爽快なパフォーマンスと圧倒的なドライビング体験を提供

CT5は、Eセグメントに属するキャデラックのアッパーミドル セダンだ。従来のラインアップでは、CTSの後継モデルにあたる。キャデラックの新しいネーミング体系により、CT5の名称が与えられた。アメリカ本国では、2019年のニューヨーク モーターショーで発表された。

そのスタイリングは、2016年のロサンゼルス モーターショーで初公開されたコンセプトモデル「エスカーラ」にインスパイアを受けたもの。エッジの効いたキャデラックのシグネチャースタイルがより彫刻的で流麗に進化している。スポーティで洗練されたデザインは、圧倒的な存在感を漂わせ、セダンながらクーペ風に見えるファストバックスタイルはCT5のパワーや性能を強くアピールしている。

ロングホイールベースと引き伸ばされたサイドウインドーが、低く伸びやかなスタイリングを印象づける。前後四隅を引き締めるLEDバーティカルライトと存在感のあるメッシュグリルは、ひと目でキャデラックとわかるスタイリッシュな印象を与える。

インテリアは、品質や細部へのこだわり、本物の素材、完璧なクラフトマンシップを重視し、直感的でシンプルな操作性の各種テクノロジーを装備している。前後席ともレッグルームの広さは同セグメントでトップクラスを誇る。視認性に優れた高解像度10インチタッチスクリーンやロータリーコントローラー、スクロール、ハードボタンを組み合わせた直感的なインターフェースはスマートフォンのようにスムーズに操作できるという。

快適装備では、ベンチレーション、シートヒーター、マッサージなどに加えて、音源の制御とアクティブノイズキャンセレーション技術で実現した静粛性と心地良いサウンドを実現する。また、車内の空気をきれいに保つイオン発生除菌機能付きエアコンも搭載している。

プラットフォームは、卓越したパフォーマンスと軽量化、高剛性の実現に大きく寄与する「アルファ アーキテクチャー」を採用。新設計の2L 直4 直噴ツインスクロールターボエンジンは、リッターあたり100psを超える最高出力240psと最大トルク350Nmを発生。アイドリングストップ機能や気筒休止システムも採用している。組み合わされるトランスミッションは、10速ATだ。

画像: クーペのようになだらかなルーフラインを描くキャデラック CT5。フロントオーバーハングが短く設定されているのも特徴のひとつ。

クーペのようになだらかなルーフラインを描くキャデラック CT5。フロントオーバーハングが短く設定されているのも特徴のひとつ。

安全装備では、車両の各部にレーダーやカメラ、超音波センサーを搭載して、キャデラックの先進セーフティデバイスがより安全なドライブをアシストする。エマージェンシーブレーキ、アダプティブ クルーズコントロール、サイドブラインドゾーンアラート、リア歩行者検知など20以上の最新安全装備を搭載している。

足まわりでは、より快適な走行を実現するZF MVSパッシブダンパーに加え、滑りやすい路面での安定性を高めるインテリジェントAWD(「スポーツ」のみ)を採用している。ドライブモードは、ツアー:スポーツ:スノー/アイス:My モードに切り替えられ、シフトスケジュール、ステアリング&ブレーキフィール、前後トルク配分、排気サウンドをカスタマイズできる。

さらに、GMジャパンがゼンリンデータコムと共同開発した完全通信車載ナビ「クラウドストリーミングナビ」を標準装備し、トンネルなどGPSで測位できない環境でも自律航法が可能だ。

グレードは、ラグジュアリー系の「プラチナム」とスポーツ系の「スポーツ」の2モデルを設定。ハンドル位置は、左のみ。車両価格(税込)は、プラチナムが560万円、スポーツが620万円となっている。なお、デリバリー開始は2021年3月を予定している。

画像: ゼンリンデータコムとの共同開発したという通信型のカーナビ「クラウドストリーミングナビ」。画面サイズは10インチとなる。

ゼンリンデータコムとの共同開発したという通信型のカーナビ「クラウドストリーミングナビ」。画面サイズは10インチとなる。

キャデラック CT5 プラチナム<スポーツ> 主要諸元

●全長×全幅×全高:4925×1895×1445mm
●ホイールベース:2935mm
●車両重量:1680kg<1760kg>
●エンジン:直4 DOHCターボ
●総排気量:1997cc
●最高出力:177kW(240ps)/5000rpm
●最大トルク:350Nm/1500−4000rpm
●トランスミッション:10速AT
●駆動方式:FR<4WD>
●燃料・タンク容量:プレミアム・66L
●WLTCモード燃費:− km/L
●タイヤサイズ:245/45R18<245/40R19>
●車両価格(税込):560万円<620万円>

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.