2021年1月13日、ポルシェジャパンはミッドシップオープンカーである「ボクスター」ファミリーのデビュー25周年記念車「ボクスター 25イヤーズ(PORSCHE Boxster 25years)」の販売を開始したと発表。全世界1250台の限定モデルとなる。車両価格は1226万円〜1281万2000円となる。

初代ボクスターのコンセプトモデルのデザインを踏襲

ポルシェ ボクスターファミリーのデビュー25周年を記念した、特別仕様車ボクスター 25イヤーズの販売が開始された。全世界で1250台限定の希少モデルとなり、そのベースとなるのは最高出力400psを発生する4L水平対向6気筒エンジンを搭載した718ボクスターGTS4.0。トランスミッションは6速MTと7速DCT(PDK)を選ぶことができる。

デザインは、1993年のデトロイトモーターショーに出展された初代ボクスターのコンセプトモデルを意識したものとなっている。それは、ポルシェ オープントップ2シーターの成功の礎となった初代モデルへの敬意の表れという。1996年に市販された初代ボクスターの外観はほぼコンセプトカーと同じもので、以来、第4世代となる今日まで世界で販売台数は35万7000台を数える。

画像: ボクスターファミリーのデビュー25周年記念モデル「ボクスター25イヤーズ」。ベースは718ボクスターGTS4.0。

ボクスターファミリーのデビュー25周年記念モデル「ボクスター25イヤーズ」。ベースは718ボクスターGTS4.0。

エクステリアで特に注目したいのが、ネオジウカラー。銅のようなきらめく茶色は、コンセプトモデルのGTシルバーメタリックのボディカラーに大きなアクセントを加えていたが、標準ボディカラーが同じ記念モデルでも重要な役割を担っている。

ネオジウムカラーが際立つフロントエプロンやモノバー付サイドエアインテーク、レタリング、ツートンカラーの20インチ アルミホイールに思わず目を奪われてしまいそうだ。なお、ボディカラーはジェットブラックメタリックとキャララホワイトメタリックがオプションで用意されている。

フューエルキャップに施された「Porsche」ロゴや、スポーツエグゾーストシステムのハイグロステールパイプ、ブラックに仕上げられたフロントウインドーまわりもスペシャル感に一役買っている。

インテリは、ボルドーレッドのレザー インテリアとレッドのファブリックコンバーチブルトップの組合せを採用。エクステリア同様、コンセプトカーに倣ったものだ。加えて、コンバーチブルトップにはブラックでエンボス加工された「Boxster 25」のロゴ配され、好事家にはたまらない仕様となっている。

他に、アルミニウム インテリア パッケージ及び14ウェイ電動調節機能付スポーツシート、「Boxster 25」ロゴ付ドアエントリーガード、レザー仕上げヒーテッドGTマルチファンクションスポーツステアリングホイールなどが標準で装備される。

画像: 目を見張るボルドーレッドのインテリア。

目を見張るボルドーレッドのインテリア。

ボクスター25イヤーズ 車両価格(税込):1226万円<6速MT>/1281万2000円<7速DCT>

         

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.