2020年12月9日、トヨタは燃料電池自動車「MIRAI(ミライ)」をフルモデルチェンジした。そのディテールを写真で紹介しよう。

TNGAプラットフォームを採用し、後輪駆動となる

2代目にフルモデルチェンジされたミライは、TNGA「GA−L」プラットフォームをベースにRWD(後輪駆動)を採用した。そのため、FWD(前輪駆動)だった従来型とはスタイリングやプロポーションは大きく変わっている。サイズ的には、従来型より85mm長く、70mm幅広く、65mm低い。ホイールベースは140mmも長い。

4ドアセダンだがクーペ風で、ロングノーズ&ショートデッキの流麗なスタイルだ。トヨタでは、見て、乗って、そして乗り終わったあと、「このクルマはいい、本当に欲しい」と思える未来のプレミアムカーを目指したという。

インテリアも8.0インチのTFTカラーメーターや12.3インチのTFTワイドタッチセンターディスプレイなどを備えた近未来的なもので、リアシートは3人掛け(従来型は2人掛け)となった。

後輪を駆動するモーターは182psと300Nmを発生。燃料の水素搭載量は従来型より約20%拡大され、FC(燃料電池)スタックの発電効率も約10%向上させて、航続距離は従来型比で約30%増の850km(Gグレード)を実現した。

最新の予防安全パッケージ「トヨタ セーフティセンス」や高度運転支援技術「トヨタ チームメイト」なども搭載し、究極のエコカー「MIRAI」はトヨタの新たなプレミアムカーを目指す。

トヨタ MIRAI Z 主要諸元

●全長×全幅×全高:4975×1885×1470mm
●ホイールベース:2920mm
●車両重量:1930kg
●パワーユニット種類:永久磁石式同期型モーター
●定格出力:48.0kW
●最高出力:134kW<182ps>/6940rpm
●最大トルク:300Nm<30.6kgm>/0−3267rpm
●駆動用バッテリー:リチウムイオン電池
●駆動方式:RWD
●水素タンク容量:141L(前64L+中52L+後25L)
●WLTCモード燃費:135km/kg
●タイヤ:235/55R19
●車両価格(税込み):790万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.