2021年1月13日、アウディジャパンは電気自動車(EV)のSUV「eトロン」に小型のバッテリーを搭載し、軽量化と低価格化を実現した「eトロン 50クワトロ/eトロン スポーツバック 50クワトロ」を設定、全国の正規ディーラーで販売を開始した。アウディ eトロンは、2020年9月に55クワトロが「1st エディション」として先行発売されているが、50クワトロの登場により、いよいよ本格導入が開始されたことになる。

バーチャルエクステリアミラーもオプションで用意される

パワートレーンは、71kWh容量のバッテリーを車両中央の床下に搭載し、モーターを前後にふたつ配置した電気式4WDで、通常走行時はおもに後輪だけで駆動。急加速やコーナリングなどの操作、滑りやすい路面状況などを検知すると前輪のモーターも駆動させる。また、モータートルクが立ち上がるまでの時間は0.03秒と、まさに電光石火なレスポンスだからこそ走行性能・安定性能をより確実に向上させることができる。

eトロン/eトロンスポーツバックのエクステリアは「クワトロ」による力強い走りを想起させるリアフェンダーのふくらみなどアグレッシブなもので、インテリアもダッシュボード中央にタッチパネルディスプレイをふたつ上下に並べた斬新なデザインとするなど、アウディらしい先進性を強調するものとなっている。

足回りは、快適性や運動性能だけでなく空力性能にも貢献するアダプティブ エアサスペンションを全車に標準装備。「eトロン スポーツバック 1stエディション」でも話題となった先進的なバーチャルエクステリアミラーも引き続きオプションで用意する。

車種構成は「eトロン 50クワトロ」が「標準仕様」、「アドバンスド」、「Sライン」の3グレード。eトロン スポーツバック50クワトロが「Sライン」のみの1グレードとなる。ちなみに「eトロン50クワトロ /eトロン スポーツバック50クワトロ」には約30万円相当の減税メリットがあり、クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(eトロン50クワトロ:23万2000円、eトロン スポーツバック 50クワトロ:23万6000円)も受けられる。

画像: 低く弧を描くルーフラインと強く傾斜したリアガラスを特徴とするアウディ eトロン スポーツバック 50クワトロ。

低く弧を描くルーフラインと強く傾斜したリアガラスを特徴とするアウディ eトロン スポーツバック 50クワトロ。

アウディ eトロン 50クワトロ 車両価格

標準仕様(4WD/右ハンドル):933万円
アドバンスド(4WD/右ハンドル):1069万円
Sライン(4WD/右ハンドル):1108万円

アウディ eトロン スポーツバック 50クワトロ 車両価格

Sライン(4WD/右ハンドル):1143万円

アウディ eトロン 50クワトロ Sライン 主要諸元

●全長×全幅×全高:4900×1935×1630mm
●ホイールベース:2930mm
●車両重量:2400kg
●モーター:EAS-EAW型
●最高出力:230kW
●最大トルク:540Nm
●駆動用バッテリー:リチウムイオン電池
●バッテリー総電圧:397V
●バッテリー総電力量:71kWh
●駆動方式:電気式4WD
●トランスミッション:1速固定式
●タイヤ:255/50R20
●車両価格:1108万円

アウディ eトロン スポーツバック 50クワトロ Sライン 主要諸元

●全長×全幅×全高:4900×1935×1615mm
●ホイールベース:2930mm
●車両重量:2410kg
●モーター:EAS-EAW型
●最高出力:230kW
●最大トルク:540Nm
●駆動用バッテリー:リチウムイオン電池
●バッテリー総電圧:397V
●バッテリー総電力量:71kWh
●駆動方式:電気式4WD
●トランスミッション:1速固定式
●タイヤ:255/50R20
●車両価格:1143万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.