2021年1月13日、アウディジャパンは電気自動車(EV)のSUV「eトロン」に小型のバッテリーを搭載し、軽量化と低価格化を実現した「eトロン 50クワトロ/eトロン スポーツバック 50クワトロ」を設定、全国の正規ディーラーで販売を開始した。アウディ eトロンは、2020年9月に55クワトロが「1st エディション」として先行発売されているが、50クワトロの登場により、いよいよ本格導入が開始されたことになる。

eトロン スポーツバックに加え、SUVボディのeトロンも登場

2020年9月に登場した日本市場ではアウディ初となる電気自動車「eトロン スポーツバック 1stエディション」は、そのダイナミクス性能、快適性、405kmの航続距離(WLTC計測)などが評価され、2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー「テクノロジー カー オブ ザ イヤー」を受賞するなど大きな話題となった。

この「eトロン スポーツバック 1stエディション」は、アウディSUVのQシリーズで「スポーツバック」と呼ばれるクーペフォルムをまとったクロスオーバーSUVで、95kWhの大きなバッテリー容量を誇り、300kWと664Nmの最大出力と最大トルクを発生するハイパフォーマンスなモデルだった。

一方、今回登場した「eトロン50クワトロ /eトロン スポーツバック50クワトロ」はバッテリー容量を71kWh、システム出力を230kWと540Nmに抑え、満充電での走行距離を316km(WLTC計測)としたのが特徴。車両重量はeトロン スポーツバック 1stエディションの2560kgに対して、eトロン 50クワトロは2400kg、eトロン スポーツバック 50クワトロは2410kgと150kg以上軽量となっており、その結果、0→100km/hを6.8秒で加速するなど、バッテリーの小型化を感じさせないような俊足ぶりも見せつける。

流麗なクーペ調ルーフラインが特徴の「eトロン スポーツバック」に加え、SUVらしいスクエアなボディによって高いユーティリティ性能を備えた「eトロン」を設定したのもトピック。「eトロン」はSUVらしいガッチリとしたルーフラインと全長4.9mの余裕あるボディサイズによる高いユーティリティ性能が特徴で、荷室容量は「eトロン スポーツバック」の616Lに対して「eトロン」は660Lとアナウンスされる。

画像: SUVらしいガッチリとしたデザインのアウディ eトロン 50クワトロ。

SUVらしいガッチリとしたデザインのアウディ eトロン 50クワトロ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.