奇才ザック・スナイダーが贈る、壮大なゾンビ・プロジェクト始動!Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』のスリルと緊張感に満ちた世界観の場面写真が初解禁となった。

デイヴ・バウティスタ、真田広之ら国際色豊かな豪華俳優陣が集結!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのデイヴ・バウティスタや、日本を代表する国際派俳優の真田広之、エラ・パーネルら豪華キャストで贈る映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』(2021年に全世界Netflix独占配信)。既に前日譚となる物語が描かれる映画作品とアニメシリーズの製作も進行中の壮大なゾンビ・プロジェクトだが、この度、本作の緊迫感漂う展開が垣間見える、初の場面写真とメイキング写真が一挙解禁となった。

画像: Netflix映画『 アーミー・オブ・ザ・デッド』

Netflix映画『 アーミー・オブ・ザ・デッド』

本作はゾンビが大量発生したラスベガスを舞台に、一人の男が傭兵集団を結成、史上最大の強盗計画を成功させるべく隔離地区へ侵入することになる物語。スピーディーかつスリリングなアクション映像に定評があるスナイダー監督が、どのような新たな世界を見せてくれるのか?

この度解禁された初の場面写真は、壮大な世界観の一端が垣間見えるショットばかり。デイヴ演じる傭兵とエラ演じるキャラクターが語り合う雰囲気が伝わるショットや、巨大金庫に眠る莫大な現金を見つけ出した傭兵たちが写るショットなど、ドラマチックな展開を思わせる、スリルに満ちたシーンを切り出している。
さらにメイキング写真では、車中でガイコツと共に、自らカメラを構えるスナイダー監督の姿もあり、荒廃した終末の世界観に否が応でも期待が高まるばかり!

画像: メイキング写真

メイキング写真

監督・脚本・製作を務めるのは、『ドーン・オブ・ザ・デッド』、『バットマンvsスーパーマンジャスティスの誕生』などを手掛けてきたザック・スナイダー。
出演は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズで主要キャラクターのドラックス役を演じ、『ブレードランナー2049』や、全米で10月公開予定の『DUNE/デューン砂の惑星』などにも出演のデイヴ・バウティスタ、『アベンジャーズ/エンドゲーム』出演でも話題をさらった日本を代表する国際派俳優の真田広之らをはじめ、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』のエラ・パーネル、前日譚映画の監督・主演も務めるマティアス・シュヴァイクホファー、ドラマ『ナルコス』のアナ・デ・ラ・レゲラ、『それでも夜は明ける』やドラマ『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』のギャレット・ディラハント、『ワンダーウーマン』のサマンサ・ウィン、オマリ・ハードウィック、ラウル・カスティーリョ、ノラ・アルネゼデール、テオ・ロッシ、ヒューマ・クレシ、ティグ・ノタロら国際色豊かな豪華キャストが集結。

また、前日譚アニメシリーズの『アーミー・オブ・ザ・デッド:ロスト・ベガス(原題)』でも、デイヴ・バウティスタ、エラ・パーネルらが同役を演じる。

ザック・スナイダー監督をはじめとした経験豊かな製作陣はもちろん、豪華国際派キャストによって紡ぎ出される、スリルと興奮の物語にも大注目のビッグ・プロジェクトは2021年の大きな話題になりそうだ。

Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』2021年独占配信予定

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.