自由な選択肢から進むコンプリートの定番内容

最近(撮影は2020年夏)のブルドック・定番でまとめられたという、カワサキZ1。「超カスタムでありながら自然なたたずまいで、普通に使える」というブルドックのコンプリートカスタム、GT-M(Genuine Tuning Machine)の基本コンセプトはこの車両にも貫かれている。

画像1: 自由な選択肢から進むコンプリートの定番内容

それを支えているのは、“作るなら純正よりも上の機能を”として送り出されるブルドックのオリジナルパーツ群だ。これらはコンプリート車両を作るためのパーツであるとともに、ベースとなるZ自体をより良好にするためのものでもある。この車両でもエンジンはそのクロスミッションや超々ターカロイ鋳鉄製スリーブ、ピスタルレーシング製鍛造ピストン等、GT-Mで定番化したメニューで構成される。

「定番と言っても、こちらからこれにしなさいと勧めるのではなく、お客さんの希望が優先されているんです。お客さんの使い方や乗り方、使いたいものの好みを聞いていきます。その上で製作時に摺り合わせをした結果、安全でハイスペックなものを、と選ばれたものなんですよ。

空冷Zは40年以上前は最新モデルでしたが、今考えれば走らない、止まらないだった。そうした部分を技術の進歩で補えて、今しっかり楽しめたら……と手を入れてきたんです。その上で、各ユーザーに合う作りを行う。それがコンプリートカスタム、GT-Mになっています」と、ブルドック・和久井さんは言う。

画像2: 自由な選択肢から進むコンプリートの定番内容

ほかにはない納車後1年または5000kmの保証が付けられるのも、GT-Mの完成度の高さとともに、常に見直されていく内容の反映と言える。つまりGT-Mは、その時点時点での最新のZへの定番、または有効なパーツがセレクトされていると考えていい。

その論で言えば2020年中盤にリリースした、純正同様のギヤ式を高精度で仕立てたオイルポンプは、ノーマル派も含めて確実に定番化するだろう。このようなパーツの開発・進化もあって、ブルドック&GT-Mには新しい定番が増えていくのだ。

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

Detailed Description 詳細説明

画像: ヘッドライトはレイブリック、左右マスターはブレンボRCS。アンダーブラケット前側にはMccoyブレーキホースセパレーターも見える。

ヘッドライトはレイブリック、左右マスターはブレンボRCS。アンダーブラケット前側にはMccoyブレーキホースセパレーターも見える。

画像: ステムはMccoy正立φ43㎜用でメーターは丸タンクのZ1スタイルに合わせてZ1オリジナルをリフレッシュ。スイッチ類も現代化されているのだ。

ステムはMccoy正立φ43㎜用でメーターは丸タンクのZ1スタイルに合わせてZ1オリジナルをリフレッシュ。スイッチ類も現代化されているのだ。

画像: 火の玉カラーをアレンジした塗装が施された燃料タンクもMccoyアルミ。軽量化にも寄与し、錆の心配もない。フューエルコックはピンゲルに置換。

火の玉カラーをアレンジした塗装が施された燃料タンクもMccoyアルミ。軽量化にも寄与し、錆の心配もない。フューエルコックはピンゲルに置換。

画像: ライダー部とタンデム部でレザーを変えたシートはMccoyスプリーム。上質な乗り心地とホールド性を持たせている。

ライダー部とタンデム部でレザーを変えたシートはMccoyスプリーム。上質な乗り心地とホールド性を持たせている。

画像: エンジンはピスタルレーシング製鍛造ピストン+超々ターカロイ鋳鉄スリーブによる1135cc/ステージ1カムシャフト仕様で、クランクシャフト/シリンダーヘッドはZ1000Jパーツにコンバートと、J系ベースで強化した“安全なハイスペック”仕様となっている。これら内燃機加工はすべてブルドックが自社で行う。

エンジンはピスタルレーシング製鍛造ピストン+超々ターカロイ鋳鉄スリーブによる1135cc/ステージ1カムシャフト仕様で、クランクシャフト/シリンダーヘッドはZ1000Jパーツにコンバートと、J系ベースで強化した“安全なハイスペック”仕様となっている。これら内燃機加工はすべてブルドックが自社で行う。

画像: キャブレターはFCRφ35mm。口径やファンネルの仕様等もオーダー時にオーナーの使い方や走り方を擦り合わせてから決めていく。

キャブレターはFCRφ35mm。口径やファンネルの仕様等もオーダー時にオーナーの使い方や走り方を擦り合わせてから決めていく。

画像: Mccoyアウトボード&オフセットスプロケットも組まれ、ステップもMccoy。フレームも17インチ化に合わせた最適ディメンションとしているのだ。

Mccoyアウトボード&オフセットスプロケットも組まれ、ステップもMccoy。フレームも17インチ化に合わせた最適ディメンションとしているのだ。

画像: ホイールはアルミ鍛造のラヴォランテで3.50-17/6.00-17サイズ。フロントフォークはオーリンズRWU。フロントブレーキはブレンボCNC4ピストンキャリパーにサンスターディスクを組み合わせる。そのローターピンはMccoy製としてフローティング化。

ホイールはアルミ鍛造のラヴォランテで3.50-17/6.00-17サイズ。フロントフォークはオーリンズRWU。フロントブレーキはブレンボCNC4ピストンキャリパーにサンスターディスクを組み合わせる。そのローターピンはMccoy製としてフローティング化。

画像: リヤブレーキはブレンボ2ピストンキャリパーをMccoyサポートでマウントする。フルチタンの排気系はZに最適化されたウィンマッコイだ。

リヤブレーキはブレンボ2ピストンキャリパーをMccoyサポートでマウントする。フルチタンの排気系はZに最適化されたウィンマッコイだ。

画像: スイングアームはMccoyアルミ5角目の字断面で、リヤショックはオーリンズ。すべての部分が専用にセットアップされている。

スイングアームはMccoyアルミ5角目の字断面で、リヤショックはオーリンズ。すべての部分が専用にセットアップされている。

取材協力:ブルドック

まとめ:ヘリテイジ&レジェンズ

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.