クルマ擬人化マンガ「ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?」…略して「ウチクル!?」の第66話。過去、商用車というイメージだったステーションワゴンを乗用車として印象付け、そして1990年代のワゴンブームの火付け役となった「スバル 初代レガシィツーリングワゴン(BF5)」が今回の主人公。漫画:鈴木秀吉

ウチクル!?第66話「スバル 初代レガシィ(BF5)がこんなに可愛いわけがない!?」

画像1: ウチクル!?第66話「スバル 初代レガシィ(BF5)がこんなに可愛いわけがない!?」
画像2: ウチクル!?第66話「スバル 初代レガシィ(BF5)がこんなに可愛いわけがない!?」
画像3: ウチクル!?第66話「スバル 初代レガシィ(BF5)がこんなに可愛いわけがない!?」
画像4: ウチクル!?第66話「スバル 初代レガシィ(BF5)がこんなに可愛いわけがない!?」

ウチクル!?バックナンバー

スバル レガシィツーリングワゴン GT(初代・BF5型/1989年10月2日発売)

レガシィツーリングワゴンといえば、2Lターボを搭載した「GT」というイメージを持っている人が多いかもしれない。ワゴンの実用性の高さと走行安定性に優れる4輪独立懸架サスペンション、低重心な水平対向エンジンと4WDシステムの組み合わせたハイパワーな高機動モデルとして、歴代で高い人気を誇る。ただ1989年1月に誕生した当初、2LターボはWRC参戦車のベースとなるセダンのみの設定だった。それでも発売後、ワゴン+2Lターボの組み合わせを望む声が強くなったことから、同年10月には装備をより充実化させたプレミアムモデルとして「GT」が誕生したのである。

画像: 写真は後期型のレガシィツーリングワゴンで、1992年に特別仕様車として発売されたGT タイプS2。

写真は後期型のレガシィツーリングワゴンで、1992年に特別仕様車として発売されたGT タイプS2。

スバル レガシィツーリングワゴン GT 主要諸元

●全長×全幅×全高:4600×1690×1500mm
●ホイールベース:2580mm
●車両重量:1400kg
●エンジン:EJ20型・水平対向4 DOHC(縦置)
●排気量:1994cc
●最高出力:200ps/6000rpm
●最大トルク:26.5kgm/3600rpm
●トランスミッション:5速MT
●駆動方式:4WD
●価格:255万5000円(東京・税抜)

画像: ウチクル!?の単行本 第二巻を好評販売中 「ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?」をまとめた単行本、第2巻をネット&リアル書店で販売中。オーナーと愛車のラブリーな日常を綴った物語。知れば知るほどウチのクルマが好きになる! 定価:本体 891円+税 鈴木秀吉(著) モーターマガジン社(発行) www.amazon.co.jp

ウチクル!?の単行本 第二巻を好評販売中
「ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?」をまとめた単行本、第2巻をネット&リアル書店で販売中。オーナーと愛車のラブリーな日常を綴った物語。知れば知るほどウチのクルマが好きになる!
定価:本体 891円+税
鈴木秀吉(著)
モーターマガジン社(発行)

www.amazon.co.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.