2008年6月、BMW X6が正式に日本に上陸した。そのSUVへの独自のアプローチは大きな注目を集めたが、そのほかにもM3クーペ&セダンにM-DCTを搭載するなど、BMWは多方面で積極的な動きを見せている。Motor Magazineでは2008年9月号のドイツ車特集の中で、BMW X6の国内試乗をとおして、BMWの最新動向を追っている。今回はその模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2008年9月号より)

BMWのクーペの歴史に新たなる1ページが加えられた

BMWの、ライバル各社を凌ぐ意欲的な市場開拓精神、それは実際のプロダクツに盛り込まれた様々なテクノロジー上の特徴とともに、このブランドならではの大きな個性であると紹介しても良いだろう。

そして、そうした個性のひとつが、このメーカーが誕生以来、他社を圧倒するクーペラインアップの豊富さを誇る点にも見て取れる。BMWは、どのような事柄に関しても先駆者と思われがちで、そして常に宿敵関係にあったメルセデス・ベンツ以上に、クーペモデルの充実に関しては以前から熱心なメーカーでもあったのだ。

1955年に発表された503を筆頭に3200CS、そして503から10年の時を経ての2000CSと、BMWは古くからエレガントなルックスが売り物のクーペを立て続けにリリースしてきた。さらに1970年代に入ると、当時「世界一美しいクーペ」とも称された6シリーズを誕生させる。これが、後の8シリーズを経て再び現代へと蘇った最新の6シリーズへと繋がっているというヒストリーは、今さら説明するまでもないだろう。

そして現在、BMWのクーペの歴史に新たなる1ページが加えられた。昨年のフランクフルトショーでコンセプトモデルが、そして今年年頭のデトロイトショーで量産型が発表されたX6が、もちろんその1台というわけだ。

「クーペが、クーペを超えていく」というキャッチコピーとともに日本へ導入されたX6が属するカテゴリーを、BMWはSAC(Sports Activity Coupe)であると紹介する。もちろんこれは、すでに世の中に広く定着しているSUVなる名称を大いに意識したネーミング。かつ、やはり自らがX3やX5に対して提唱したSAVなる記号と対比させたものでもある。

こうすることで、BMWは単なる1台のニューモデルを市場に送り出しただけに留まらず、前出のSAVに続く新たなるカテゴリーを創造したのだと、そのように世間へ強く印象付けることができる。昨今のBMWというブランドは単なるハードウエア=クルマの創造のみならず、こうして新しい市場を開拓するイメージを世の中へアピールする術にも長けている。

世界的な景気後退の動きが伝えられる中、BMWブランドが今年上半期の世界販売の累計で堅調な成績を収めたのも、こうした販売戦略の巧みさが功を奏していることの証明ではないだろうか。

画像: BMWではX6をスポーツ・アクティビティ・クーペ=SACと呼ぶ。クーペフォルムのアッパーボディ部分が高い位置に存在しているのが特徴。

BMWではX6をスポーツ・アクティビティ・クーペ=SACと呼ぶ。クーペフォルムのアッパーボディ部分が高い位置に存在しているのが特徴。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.