2021年1月7日、アウディ ジャパンはミドルセダン/ワゴンのA4/A4 アバントにクリーンディーゼルエンジン搭載モデルを追加して発売すると発表した。

2種類のクリーンディーゼルに2種類のグレードを設定

A4/A4アバントは、アウディのDセグメント セダン/ワゴンだ。現行型は2015年に発表された5代目にあたり、2020年10月のマイナーチェンジでエクステリアデザインを大幅に刷新した。

今回、日本仕様のA4シリーズとしては初めてクリーンディーゼルエンジンのTDI搭載モデルが新たに設定された。35TDIと40TDIというグレード名で、パワーの異なる2種類の2L直噴ターボディーゼルエンジンを搭載。advanced(アドバンスド)とS line(Sライン)という、装備の異なる2種類のグレードを用意する。

アドバンスドはLEDヘッドランプ&テールランプ、ダイナミックターンインジケーター、さらにサイドスカートなども標準装備し、従来のSラインよりもさらにスポーティなものとなっている。Sラインにはボンネットスリットや専用バンパー、チタンブラックのハニカムメッシュシングルフレームグリルなど、RSモデルのデザイン要素が盛り込まれている。またインテリアにはブラックグラスルックコンソールパネルを標準装備して、より質感を高めている。

画像: アウディ A4セダン 40TDI アドバンスド

アウディ A4セダン 40TDI アドバンスド

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.