リコーイメージングは、12月19日にリコーイメージングスクエア東京(東京都新宿区)において、「リコーイメージングフォトコンテスト2020」授賞式を行った。

「リコーイメージングフォトコンテスト」は、ペンタックスおよびリコー製品ユーザーを対象にしたフォトコンテスト。今年は新しい試みとして、従来からのプリント応募に加え、Web からも応募できるようにした結果、昨年を大幅に上回る5000 点以上の作品が全国から寄せられた。

審査員はリコーフォトアカデミー ゼミナール講師でもある写真家の大和田良氏ならびに林 和美氏が担当した。厳正な審査の結果、グランプリは愛知県在住の森 朝子さんの作品「みえない空」に決定。

また、グランプリのほか、準グランプリ、金賞、銀賞、銅賞、U-25 奨励賞、PENTAX 賞、GR 賞、THETA 賞、の総数42 点が選ばれた。

リコーイメージングフォトコンテスト2020 グランプリ 受賞作品
「みえない空」 森 朝子さん

画像1: ©︎森朝子「みえない空」

©︎森朝子「みえない空」

画像2: ©︎森朝子「みえない空」

©︎森朝子「みえない空」

画像3: ©︎森朝子「みえない空」

©︎森朝子「みえない空」

入賞作品は、2020年12月28日までリコーイメージングスクエア東京で、2021年1月14日から25日まではリコーイメージングスクエア大阪(大阪市中央区大手前)で展示予定。

またリコーイメージングの以下ホームページでも閲覧可能だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.