ハイウエイ ドライブの楽しみのひとつといえば、SA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)での食事やおみやげ。今回は館山自動車道の市原SA(下り)のテイクアウトを紹介しよう。

名物のデニッシュパンを、たい焼きにアレンジ

画像: 海に囲まれた南房総に向かう途中にある市原SA(下り)。ヤシの木など南国ムードが特徴だ。

海に囲まれた南房総に向かう途中にある市原SA(下り)。ヤシの木など南国ムードが特徴だ。

東京方面から南房総へ向かう途中にある市原SA(下り)。SAの中にはヤシの木があったり、建物の中にサーフボードが飾られるなど、ゆったりとした南国風の雰囲気が味わえます。

そんな市原SA(下り)の名物となっているのが、「MIYABI」のデニッシュ食パン。外はサクサクで中はしっとりフワフワした食感で大人気のパン。その専門店が高速道路上で唯一あるのが、市原SA(下り)です。ただし、現在ではMIYABIのデニッシュ食パンは、あちこちのSAやPAでも取り扱われています。そこで、他とは違う味をということで、ひと工夫!

画像: 「MIYABI たい焼き」の中身は複数あり、写真は「アップル with カスタード」(400円)。

「MIYABI たい焼き」の中身は複数あり、写真は「アップル with カスタード」(400円)。

なんと、MIYABI デニッシュの生地で、たい焼きを作ってしまったのです。それがタイトル写真の「MIYABI たい焼き」(1個350~400円)です。ちなみに中身は、「あんこ」(350円)、「カスタードクリーム」(350円)、「市原産梨カスタード」(400円)、「ピーナッツクリーム」(350円)、「いちごカスタード」(350円)、「アップルwithカスタード」(400円)などが用意されています。

試食したのは「MIYABI たい焼き アップル with カスタード」(400円)。もう食べる前からふんわりと美味しそうな香りが鼻をくすぐります。パクリと食いつけば、サックサクのころもの奥に、アップルとカスタードの具。というか、ほとんどアップルパイのような感じ。でも、ころもが軽くて、クリーミーさが前面に出ています。リンゴの酸味は抑えめです。甘みも、それほど強くありません。それと意外に大きいかも。これ1個で、けっこう腹持ちが良さそう。まさに小腹が空いたときのおやつにおすすめです!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.