2020年12月6日(日本時間7日)に行われたF1第16戦サヒールGPは、レーシングポイント・メルセデスのセルジオ・ペレスが優勝、2位にルノーのエステバン・オコン、3位にレーシングポイントのランス・ストロールが入る大波乱となったが、どうしてこんな結果になったのだろう。表彰台の常連であるメルセデスAMG勢、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)はどうしたのか。ホンダ勢のコメントをまじえながら、検証してみよう。

ラップタイム1分を切る展開で一瞬の判断ミスが大きく影響

決勝スタートの混乱で一時最後尾まで後退したペレス(予選5位)がそこから実質1ストップで上位に進出してきたのは見事だったが、優勝を実現できた裏には、メルセデス勢とフェルスタッペンの失敗があったのは間違いない。

メルセデス勢の誤算は62周目のセーフティカー導入時のタイヤ交換にあった。そこまでジョージ・ラッセル(予選2位)とバルテリ・ボッタス(予選1位)が盤石の1-2体制を築きあげ、残り25周、もう楽勝ムードが漂っていた。

ところが、チームはセーフティカー導入時、後方と大きなギャップがあったため、安全のため(念のため)タイヤ交換をすることにした。ここでチームは、先にピットインしたラッセルのマシンにボッタスのタイヤを装着するという、とんでもないミスを犯してしまう。続いてピットに入ったボッタスのタイヤ交換を始めたところでミスに気づき、ボッタスは再びそれまで使用していたタイヤを装着することになってしまう。

チームは慌ててラッセルを再びピットに入れてタイヤ交換、そのせいでラッセルは5番手まで落ちたが、それでもそこから追い上げて再びトップを奪い返そうかという時に、今度はリアタイヤがパンク。これで再び15番手まで後退しては、ラッセルにもう挽回する周回数は残っていなかった。

ほかのドライバーのタイヤを装着するのは重大な違反だが、今回はその状況を考慮し、チームに罰金が科せられるにとどまった。

画像: ほぼ優勝を手中に収めていたジョージ・ラッセル(メルセデスAMG)。安全のために入ったピットで事件は起きた。

ほぼ優勝を手中に収めていたジョージ・ラッセル(メルセデスAMG)。安全のために入ったピットで事件は起きた。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.