12月4日、フォルクスワーゲングループジャパンは「Tクロス」と「Tロック」の一部仕様変更を発表した。常時コネクティッドの新世代インフォテイメントシステム搭載など、コネクティッド機能の充実化が図られている。

新たなオンラインサービス「ウィー コネククト(We Connect)」も開始

フォルクスワーゲンの人気コンパクトSUV「Tクロス」と「Tロック」に一部仕様変更が行われ、両モデルにフォルクスワーゲン車として日本初となる新世代インフォテイメントシステムが導入された。このシステムは、他のモデルへも順次導入されるという。

また、「Tクロス」「Tロック」の一部仕様変更に合わせて、導入特別仕様車「T-クロス TSI 1st」と「Tクロス TSI 1st プラス」に、デジタルメータークラスター「アクティブ インフォ ディスプレイ」が特別装備として追加された。

新世代インフォテイメントシステムとは、eSIM 内蔵の通信モジュール を搭載した常時オンライン接続が可能なヘッドユニットのことで、8インチのディスプレイオーディオ「レディー トゥー ディスカバー」、8インチ仕様の専用ナビゲーションシステム「ディスカバーメディア」、9.2 インチの大型ナビゲーションシステム「ディスカバープロ」の3種類となる。これらはモデルに応じて選択可能だ。

新世代インフォテイメントシステムの導入に合わせ、12月4日より現在提供しているオンラインサービス「カーネット」に代わり、新たなオンラインサービス「ウィー コネククト(We Connect)」の提供が開始された。

これまでのサービスに加え、スマートフォン専用アプリで車両のドアやトランクの開錠/施錠できる「ドア ロック&アンロック」や万が一の時にオペレーターと通話できる「ブレークダウン・コール」を始めとする多彩な機能が使えるとともに、オンラインでの地図更新も可能となっている。

■車両価格(税込)
Tクロス:301万9000円~337万9000円
Tロック:404万9000円~452万9000円

画像: 常時オンラインで交通情報を取得中。

常時オンラインで交通情報を取得中。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.