2020年12月4日日本時間22時30分、F1第16戦サヒールGPが開幕する。F1では異例のラップ60秒の超高速バトルはどうなるのか、ルイス・ハミルトンの欠場で優勝争いの筆頭にあげられるレッドブル・ホンダはどう戦うのか。直前情報をもとに予測してみよう。

前戦バーレーンGPとはまったく異なるレースになる可能性も

さまざまな出来事が起こったバーレーンGPから間を置かずに、今週末にはサヒールGPが開催されるが、ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)の新型コロナウイルス感染の一報により、またグランプリが大きく揺れている。

幸いなことにハミルトンの症状は軽いということだが、サヒールGPには出場できなくなってしまった。絶対的な優勝候補の離脱はレッドブル・ホンダにとって複雑なところだが、一転して勝たなければいけない立場となったと言えるだろう。前戦バーレーンGPでハミルトンに次ぐ2位、3位の座を獲得しているのだから、優勝候補の筆頭にあげられることは間違いない。

強敵はハミルトンのチームメイトのバリテリ・ボッタスということになるのだろう。そして、ハミルトンのマシンにはウイリアムズ・メルセデスのジョージ・ラッセルが乗る。彼がどこまでの速さを見せるかも興味深い。それでメルセデスAMGのマシンの速さが測れるからだ。

サヒールGPはバーレーンGPと同じサーキットで行われるとはいえ、コースレイアウトや開始時間が異なるため、また違ったグランプリという見方もできる。今週使われるコースは全長は3.543㎞のオーバルレイアウトで、「コーナー」と呼べる場所は4か所しかない超高速サーキットとなる。まずはフリー走行の走り出しでどれだけセットアップできているか、予選までにどれだけマシンを仕上げられるかが注目だろう。

画像: サヒールGPが行われるアウタートラックのコース図。ターン3まではバーレーンGPで使用されたものと同じだが、そこから中速コーナーの続く外周へ入り、通常レイアウトのターン13へと戻ってくるコースとなる。

サヒールGPが行われるアウタートラックのコース図。ターン3まではバーレーンGPで使用されたものと同じだが、そこから中速コーナーの続く外周へ入り、通常レイアウトのターン13へと戻ってくるコースとなる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.