2020年12月3日 、ルノー・ジャポンからブラン クオーツメタリックの「 ルノー トゥインゴ シグネチャー」が登場、全国のルノー正規販売店で販売が開始された。特別仕様のトゥインゴ シグネチャーはこれまでブルー オセアンメタリックのみだったが、これに新色が加わったことになる。

個性と感性をあらわすシグネチャー

特別仕様車「 ルノー トゥインゴ シグネチャー」は、トゥインゴ(TWINGO)の名前の由来となった3つの言葉「TWIst」「sWINg」「tanGO」 に着想を得て仕立てられたモデルで、この3つの言葉をイメージしてデザインされたタイポグラフィを専用サイドストライプ、シート、キッキングプレートなどがあしらわれているのが特徴。2020年4月に「ブルー オセアンメタリック」のボディで登場して人気を集めているが、今回これに、新色の 「ブラン クオーツメタリック」(白)を追加されることになった。

ルノー トゥインゴ シグネチャーは、ボディ同色サイドプロテクションモール(シグネチャーロゴ入り)、専用サイドストライプ、16インチアロイホイール、ブルー内装トリム(ダッシュボード、エアコンベゼル)、専用キッキングプレートなどを装備。 シグネチャー専用となるボィカラーは、ブルー オセアンメタリックと新色のブラン クオーツメタリックの2色で、どちらも内外装にはルージュがアクセントとして配される。

ベースは「トゥインゴ EDC」で、最高出力92ps/5500rpm、最大トルク135Nm/2500rpmを発生する直列3気筒 0.9Lターボエンジンを搭載。トランスミッションは6速DCT(6EDC)、駆動方式は2WD(RR)。

ベースは「トゥインゴ EDC」で、最高出力92ps/5500rpm、最大トルク135Nm/2500rpmを発生する直列3気筒 0.9Lターボエンジンを搭載。トランスミッションは6速DCT(6EDC)、駆動方式は2WD(RR)。

特別仕様車「 ルノー トゥインゴ シグネチャー」の車両価格は217万円となる。

画像: ダッシュボードやエアコンベゼルなどにはブルーのトリムが配される。

ダッシュボードやエアコンベゼルなどにはブルーのトリムが配される。

ルノー トゥインゴ シグネチャー 主要諸元

●全長×全幅×全高:3645×1650×1545mm
●ホイールベース:2490mm
●車両重量:1030kg
●エンジン:直3DOHC
●排気量:897cc
●最高出力:92ps/5500rpm
●最大トルク:135Nm/2500rpm
●トランスミッション:6速DCT
●駆動方式:RR
●タイヤサイズ:205/45R16
●車両価格:217万円

ルノー トゥインゴ シグネチャー 主な特別装備

ブルー内装トリム(ダッシュボード、エアコンベゼル)
専用レザー調×ファブリックコンビシート
ブルーステッチインテリア
専用キッキングプレー
専用サイドストライプ
ボディ同色サイドプロテクションモール(シグネチャーロゴ入り)
16インチアロイホイール
コーナリングランプ機能付フロントフォグランプ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.