2020年12月3日、マツダは「MAZDA 6(以下、マツダ 6)」を一部改良して販売を開始したと発表した。

ポリメタルグレーメタリックのボディカラーを全機種に追加設定

マツダ 6は、マツダのDセグメントに属するセダン&ステーションワゴンだ。以前の車名は「アテンザ」だったが、2019年7月のマイナーチェンジを機に、世界共通の車名である「マツダ 6」に変更された。同様に、デミオは「マツダ 2」に、アクセラは「マツダ 3」となっている。

さて、今回の一部変更では、まず2020年4月から販売されている100周年記念車に、2.5Lのガソリンターボエンジンが追加設定された。このエンジンは低速から中速、さらには高速域まで意のままに加速し、力強く上質な走りが特徴で、ユーザーの選択肢が広がった。

画像: 2.5Lのガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」。

2.5Lのガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」。

また、ボディカラーにはポリメタルグレーメタリックを、100周年特別記念車を除く全車に設定した。

マツダ 6に搭載されるエンジンは、2.0Lガソリン、2.5Lガソリン、2.5Lガソリンターボ、そして2.2Lディーゼルターボの4種となった。トランスミッションは6速ATが基本でディーゼルのみ6速MTも選べる。

主なグレードと車両価格(税込)は、20S(2.0Lガソリン/6速AT/2WD)の289万3000円からXD 100周年特別記念車(2.2Lディーゼル/6速MT&AT/4WD)の448万2500円まで。セダンとステーションワゴンは同価格となっている。

画像: マツダ 6 25T Sパッケージのインテリア。

マツダ 6 25T Sパッケージのインテリア。

■マツダ 6 セダン 25T 100周年特別記念車 主要諸元

●全長×全幅×全高:4865×1840×1450mm
●ホイールベース:2830mm
●車両重量:1590kg
●エンジン種類:直4 DOHCターボ
●排気量:2488cc
●最高出力:169kW<230ps>/4250rpm
●最大トルク:420Nm<42.8kgm>/2000rpm
●トランスミッション:6速AT
●駆動方式:横置きFF
●WLTCモード燃費:12.4km/L
●タイヤ:225/45R19
●当時の車両価格<税込み>:442万7500円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.