SUV市場が盛り上がる一方で、ドイツではいまだにワゴンの人気は高い。なかでもゴルフベースの「ヴァリアント」は、手ごろなサイズと実用性、そしてブランドが持つ高い信頼性によって支持され続けている。もちろん新型も、期待どおりの素晴らしい仕上がりだった。(Motor Magazine2021年1月号より)

先代に比べスポーティさを増したスタイル

「ヴァリアント」は3代目ゴルフのバリエーションのひとつとして、1992年に誕生した。これまでに300万台が、世界市場に向けて出荷されている。

今回、発表された新型ヴァリアントは、全長4633×全幅1789×全高1495mm(ルーフレール込み1498mm)、ホイールベースは2686mmで、ベースになったゴルフ8のハッチバックよりも長いボディと延長されたホイールベースを持つ。カーゴスペースは先代モデルに対して、6~22Lほど拡大されている。

その顔立ちは、ハッチバックと基本的に共通。特徴的な切れ上がったLEDヘッドライトおよびアイラインのようなデイドライビングライト、そして大きな開口部を持ったフロントエンドからフロントドアまでは同一だ。

だが、Bピラーから後ろはもちろんワゴンスタイル専用である。全長が若干伸びているだけでなく、先代ヴァリアントにはなかった力強いアクセントラインが、ボディサイドに刻まれている。そのため、たたずまいはよりスポーティに見える。

搭載されるエンジンは、7種類のガソリンと2種類のディーゼルが用意されている。テスト車はライフと呼ばれるベーシックトリムで、1.5L直4 eTSI(48V MHEV)ユニットを搭載、最高出力は150ps、最大トルクは320Nmを発生する。

画像: 前後にかけショルダー部にくっきりと浮かび上がるプレスラインがシャープな印象を生む。

前後にかけショルダー部にくっきりと浮かび上がるプレスラインがシャープな印象を生む。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.