©2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 ©Tomoko Yamashita/libre
2021年1月22日公開の岡田将生×志尊淳W主演映画『さんかく窓の外側は夜』より、平手友梨奈演じる呪いを操る女子高生・非浦英莉可を捉えた場面写真が到着した。

岡田将生、志尊淳W主演による本作は、霊が〈祓える男〉 冷川(岡田将生)と 〈視える男〉 三角(志尊淳)の二人が “除霊”という特殊能力を使い、怪奇事件の 解決に挑む、新感覚除霊ミステリー。
連続殺人事件と呪いの謎に隠された真実に、冷川と三角の心霊探偵バディはたどり着けるのか――?常識を覆す、新感覚ミステリー・エンターテインメントだ。
平手友梨奈は、呪いを操る女子高生・非浦英莉可を演じている。

解禁された写真は、未解決事件の調査を進めるうちに、呪いを操る女子高生の存在にたどり着いた三角が、英莉可に初めて接触するシーン。
さらに、刑事・半澤(滝藤)事件について問われ、慌てた英莉可が半澤に呪いをかけようとするシーンだ。

主演の岡田と志尊の2人はは、平手についてこう語っている。

「普段はシャイでお茶目な女の子ですが、お芝居では“目が合うと離せなくなる”力強さもありました」
「強くて、ナイーヴで、愛があるところが、英莉可にリンクしていると思います」

画像: ©2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 ©Tomoko Yamashita/libre

©2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 ©Tomoko Yamashita/libre

非浦英莉可を演じた平手は、役作りにおいて、あえて英莉可の部分しか台本を読まずに挑んだと語っている。
他の登場人物の動きや感情、物語の展開を知り過ぎてしまうと、演じる上で面白さが無くなり、新鮮味も無くなってしまうからだという。
そして英莉可という役については「ほとんど全部共感した」と語る平手友梨奈のよりリアルな演技に注目だ。

STORY

書店で働く三角康介(志尊淳)は、一見普通の⻘年だが、幼い頃から幽霊が視える特異体質に悩まされていた。ある日、書店に除霊師・冷川 理人(岡田将生)がやってくる。「僕といれば怖くなくなりますよ」の一言で、三角は冷川と除霊作業の仕事を共にすることに。そんな中、二人は 刑事・半澤(滝藤賢一)から、ある連続殺人事件の話を持ち掛けられる。調査を進めるうちに、二人はある言葉にたどりつく――。「ヒ ウ ラ エ リ カ に . . . だ ま さ れ た . . . 」。この事件には、呪いを操る女子高生・非浦英莉可(平手友梨奈)の影が潜んでいたのだ。果たして〈ヒウラエ リカ〉とは何者なのか?事件との関係は?死者からの謎のメッセージを解き明かそうとする冷川・三角の二人は、やがて自身の運命をも左右する、 驚愕の真実にたどり着く――。

映画『さんかく窓の外側は夜』

2021年1月22日(金)全国ロードショー

出演:岡田将生 志尊淳 平手友梨奈 滝藤賢一 マキタスポーツ 新納慎也 桜井ユキ 和久井映見 筒井道隆

原作:ヤマシタトモコ「さんかく窓の外側は夜」(リブレ刊)
監督:森ガキ侑大
脚本:相沢友子
主題歌:ずっと真夜中でいいのに。「暗く黑く」(EMI Records / UNIVERSAL MUSIC)
配給:松竹
公式Twitter&instagram: @sankakumadoeiga 公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/sankak©2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 ©Tomoko Yamashita/libre

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.