2018年11月のロサンゼルスオートショーで、世界初公開されたアウディのハイエンドスポーツEV、eトロン GTが2021年から発売される。それに先立ってアウディは、ギリシャのロードス島においてプロトタイプ試乗会を開催した。(Motor Magazine2021年1月号より)

タイカン ターボに迫るハイスペックモデル

このeトロンGTはポルシェ タイカンと共通のプラットフォーム「J1」を使ってアウディスポーツ社で開発、R8やRSシリーズと同じラインで生産される。ただしグループ内での競合を避けるために、共通部品はおよそ40%に留めていると言われる。

今回、試乗するのはアウディスポーツ社のトップグレードである「RS」の称号を与えられたもっともパワフルなモデル、RS eトロンGTだ。フロント175kW、リア335kWのふたつの電気モーターによって、システム出力440kW(598ps)と最大トルク800Nmを発生する。タイカン ターボに迫るハイスペックの持ち主だ。

エネルギーの源となるリチウムイオン電池は、12個のセルを持つモジュールが33組連なる。計396個のLGケミカル製パウチセルからなるバッテリー容量は85.9kWh、総バッテリー容量は93.4kWhと、やはりタイカン ターボとほぼ同じ数値となる。

この高性能を持続させるために、クーリングシステムには30Lのクーラントおよび4つの回路が設けられ、バッテリーを30度の最適作動温度に保つ。暫定の航続距離は約400kmと言われている。到着後すぐに近くの軍用空港へ向かう。まずは滑走路を使ってのローンチスタート加速テストを実施。

自重およそ2.5トンと予想される4シーターGTはクワトロ(4WD)によって立ち上がりから、まるで背中を蹴飛ばされるような強烈な加速力を発揮する。正確な数字は発表されていないが0→100km/h加速は3.5秒以下と言われ、11.8秒後には220km/hに達する。また最高速度は250km/hでリミッターが介入する。

画像: 空港ではローンチテストを実施。ブレーキとアクセルペダルを踏み込んだ状態から、シグナルグリーンでブレーキを離すと驚愕の加速を見せた。

空港ではローンチテストを実施。ブレーキとアクセルペダルを踏み込んだ状態から、シグナルグリーンでブレーキを離すと驚愕の加速を見せた。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.