2008年、BMW1シリーズは5ドアハッチバックに、2ドアクーペ、カブリオレをラインアップに加え、充実したバリエーションを持つモデルとなっていた。エンジンは直列4気筒1.6Lと2L、直列6気筒3Lと3L直噴ツインターボの4種類、トランスミッションも6速ATと6速MTを揃えていた。BMWが1シリーズをいかに重要なモデルと位置づけていたかうかがえるが、それぞれのモデルにどのような持ち味があったのか。個々の性格と魅力を検証している。(以下の試乗記は、Motor Magazine2008年6月号より)

3種類のボディと4種類のエンジンをラインアップ

このところ、BMWのニューモデル攻勢には目を見張るものがある。やはり年間180万台を目指すメーカーともなると、同じ車種を数多く売るのではなく、多くの車種を用意しなくてはダメだということだろう。さらに台数を稼ぐには小さいクルマが有利ということで、1シリーズのボディバリエーション、エンジンバリエーションが豊富になった。

現在、日本で購入できる1シリーズを見てみよう。ボディは5ドアハッチバック、2ドアクーペ、カブリオレの3種類。エンジンは、直列4気筒1.6L、直列4気筒2L、直列6気筒3L、直列6気筒3L直噴パラレルツインターボの4種類。基本は6速ATだが、3Lモデルには6速MTも用意される。

5ドアハッチバックは116i、120i、130i Mスポーツ。すべて6速ATとなるが、130iでは6速MTも選択できるから4種類だ。クーペは、パラレルツインターボエンジンを搭載する135iクーペ Mスポーツ。6速MTと6速ATの2種類から選択できる。カブリオレは、120iカブリオレの6速ATのみである。

これらに、MスポーツパッケージやiDriveナビゲーションパッケージ(ともに130i Mスポーツ/135iクーペ Mスポーツには標準装備)などのメーカーオプションを加えると、選択肢はさらに増えるが、ボディ、エンジン、トランスミッションから選ぶ基本は7種類である。

今回、この企画のために揃えたのは116i、120i、130i Mスポーツ、135iクーペ Mスポーツ、120iカブリオレという5モデルだ。全ボディタイプと全エンジン、2種類のトランスミッションが揃っている。これから、それぞれの特徴と持ち味を引き出してみよう。

画像: 1シリーズのベーシックモデル、116i。直列4気筒1.6Lエンジンを搭載。

1シリーズのベーシックモデル、116i。直列4気筒1.6Lエンジンを搭載。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.