2020年12月1日、欧州でも新型CRF300シリーズが発表されました。日本仕様車のCRF250シリーズとは少し見た目も違う!

欧州ではオーソドックスな灯火類を採用して登場

希少な250ccフルサイズオフロードバイクのホンダ「CRF250L」がフルモデルチェンジを遂げたというのは、この秋から冬のニューモデル・ラッシュなのかでも大きなトピックスとなりました。

「CRF250L」は、初期型が2012年に発売し、フルモデルチェンジは今回が初めてのこと。軽量化や、サスペンションのストローク量も伸長、エンジン特性の見直し、デザイン変更など、見た目も中身も全体に渡り、進化を遂げました。

合わせて、兄弟モデルの「CRF250ラリー」も新型に。燃料タンク容量をアップするなどアドベンチャーモデルとしての完成度を高めています。

それぞれ、2020年12月17日に発売されます。

さて、日本での発表から遅れること約半月、欧州でも286cc版の「CRF300L」「CRF300ラリー」がこのたび発表されました。

この新型CRFシリーズに関しては、タイで先行して発表、その後日本、欧州と続いています。

欧州で発表された「CRF300L」「CRF300ラリー」ですが、日本の250やタイの300とは異なる特徴があります。

画像: Honda CRF300L 欧州仕様車 総排気量:286cc

Honda CRF300L 欧州仕様車

総排気量:286cc

灯火類です。日本やタイ仕様は、フルLED。欧州仕様はヘッドライトがハロゲン、テールランプやウインカーはオーソドックスな電球の模様(「ラリー」のヘッドライトはLED)。

画像: こちらは日本仕様車の新型CRF250L。ヘッドライト、ウインカーの違いに注目! 写真:柴田直行

こちらは日本仕様車の新型CRF250L。ヘッドライト、ウインカーの違いに注目!

写真:柴田直行

そのため見た目の印象も欧州仕様車は少しクラシカルに見えます。おそらくですが、整備性を優先させたためでしょう。

画像: Honda CRF300 RALLY 欧州仕様車 総排気量:286cc

Honda CRF300 RALLY 欧州仕様車

総排気量:286cc

この2機種は、ハードな走行によって転倒するおそれも純粋なオンロードモデルより高まりますよね。欧州各地でどこでも簡単に交換できるよう、オーソドックスな灯火類が採用されたのだと思われます。

まとめ:西野鉄兵

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.