『過去のない男』『希望のかなた』で知られるアキ・カウリスマキの兄、ミカ・カウリスマキが監督を務めた新作映画『Mestari Cheng』が、邦題『世界で一番しあわせな食堂』として、2021年2月19日(金)より全国公開となることが決定した。

国境のない料理が時にまったく異質な人たちを結びつける架け橋となる

画像: 【公式】『世界で一番しあわせな食堂』予告編/2021年2月19日(金)公開 youtu.be

【公式】『世界で一番しあわせな食堂』予告編/2021年2月19日(金)公開

youtu.be

毎年国連が発表している「世界幸福度ランキング」で、2018年から3年連続で1位を獲得しているフィンランドから心温まる新たな“ヒーリング・ムービー”が到着!

舞台はフィンランド北部・ラップランド地方の小さな村。中国・上海からやって来た料理人チェンが、食堂を経営するフィンランド人女性シルカと出会い、国籍や文化の違いを乗り越え、お互いを家族のように思いやる気持ちが芽生えていく様子を描く。

物語を彩るのは、プロの料理人であるチェンが作る、おいしく見た目も美しい料理の数々。チェンの料理哲学は、“医食同源”。医療にも通じる食事を地元の人たちに提供し、健康を気にも留めないフィンランド人たちの体を癒し、心を解きほぐしていく。料理には国境がなく、時にまったく異質な人たちを結びつける架け橋となる。

本作の監督を務めるのは、フィンランド映画界を代表するミカ・カウリスマキ。母国の精神性はそのままに、本作で描くのは異文化との出会いと、そこから生まれる喜び。お互いの文化を尊重しあい、全く異なった世界を受け入れようと努力する人々の姿に、分断に揺れる現代社会に対する監督の強いメッセージが込められている。

画像: 国境のない料理が時にまったく異質な人たちを結びつける架け橋となる

このたび解禁されたポスターは「人生が温まる料理はいかがですか」というコピーのもと、料理をするチェンと村人たちの笑顔にほっこりさせられるビジュアルとなっている。

予告編はチェンが“フォントロン”という人物を探して小さな食堂を訪れる場面からスタート。食堂の女主人シルカからの「料理してくれたらフォントロンを探す」という提案にのったチェンが料理をふるまう様子が描かれる。

初めは見たことのない料理に否定的だった村人たちも、一度口にしてみると「こりゃうまい」と気に入り、次第にチェンを仲間として認めるように。料理のほかにも大自然や名物のサウナなどフィンランドの魅力がたっぷりで、短い映像からも多くの癒し要素を確認できる。

果たして《世界で一番しあわせな国》でチェンが手にするものとは―? 映画を観終えたあとには心もお腹もぽかぽかになる幸福度100%のフィンランド映画だ。

世界で一番しあわせな食堂
2021年2月19日(金)新宿ピカデリー、渋谷シネクイント他、全国順次ロードショー
配給:ギャガ
©Marianna Films

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.