12月11日(金)に公開の映画『新解釈・三國志』が日本公開に合わせて、韓国・台湾・香港の3つの国と地域での公開が決定した。

日本での公開を待たずして、海外での上映が決まるという異例の事態となった。日本で大ヒットしたのちに、海外での上映が決定する作品も数多く存在する中、本作は公開前に、韓国・台湾・香港での公開が決定したことに、主演の大泉洋と共演のムロツヨシからのコメントが到着した。

大泉洋 コメント

韓国・香港・台湾で上映が決まったって聞きましたけど、大丈夫ですか?日本で大ヒットしたら海外で売られるとはよく聞くけど、公開前に上映が決定するなんて珍しいことですよね。もしかしてポスターのビジュアルかっこいいから、これをみて「いいぞ!」って思っちゃったんじゃない?「鬼滅の刃」にタイトル替えて渡したほうがいいんじゃないかな?(笑)「全集中」とか、俺、言っておこうか?今からでも字幕のセリフとか直した方がいいんじゃないですか?カッコいいやつに。

ムロツヨシ コメント

韓国・香港・台湾で上映決定とのこと、今のところ不安しかないですね。カッコいいポスターを見て・・・ジャケ買いみたいなもんですかね?ちゃんとタイトルに「新解釈」って入れてますよね?「新解釈」を抜いて「三國志」だけで海外の方とお話してないですよね?誰が見ても笑っていただけるところが沢山ある映画です。どうぞ海外の皆さん、「新解釈・三國志」の看板を背負った大泉洋をご覧ください。

コメント動画

画像: 映画『新解釈・三國志』祝・海外配給決定!! youtu.be

映画『新解釈・三國志』祝・海外配給決定!!

youtu.be

イントロダクション

2020年、みんながこれを待っていた!
『銀魂』 × 『今日俺!!』 × 『勇者ヨシヒコ』 大合戦!
天下無双のエンタメ超大作に、福田雄一×オールスターズが全員集合(アッセンブル)!

「銀魂」「今日から俺は!!」、「勇者ヨシヒコ」シリーズなど、コメディ界屈指のヒットメーカーとして日本のエンターテインメイントを牽引する福田雄一監督。その最新作は、誰もが一度は目や耳にしたことがある超有名歴史エンターテイメント「三國志」。ただ、この「三國志」で語られる逸話の中には、読み手によってさまざまな解釈が存在します。「三國志」にも当然、それぞれの”解釈”がある。超有名歴史エンターテイメント「三國志」を“福田流の解釈”で完全オリジナル実写映画化
。それが『新解釈・三國志』です。福田流・三國志の主人公は、仁徳と義を重んじる「蜀」の武将・劉備。その劉備を演じるは、シリアスからコメディまで、その演技力で圧倒的な存在感を誇る名優・大泉洋。軽妙なトークでも幅広い年代から愛される大泉が、ファンを公言する福田監督からの「劉備が大泉さんでなければこの企画をやる必要はない」という熱烈なオファーを受け、満を持して福田監督映画に初参戦!大泉演じる劉備が属する「蜀」国のメンバーに、ムロツヨシ、橋本環奈、岩田剛典、橋本さとし、高橋努。【赤壁の戦い】で蜀と手を組む「呉」国のメンバーに、賀来賢人、山本美月、岡田健史、矢本悠馬、半海一晃。【赤壁の戦い】で敵対する「魏」国の面々に、小栗旬、磯村勇斗、阿部進之介。そして三國の面々以外にも、渡辺直美、山田孝之、城田優、佐藤二朗、さらには語り部役に西田敏行。映画・ドラマ・演劇・パフォーマンス界から全才能が結集した超オールスターキャストが、夢の競演を果たします。“福田雄一×オールスターズ”が全員集合!する時、1800年間、誰も想像し得なかった、教科書になんて載っているはずがない笑いと驚きに満ちた新たな解釈の三國志が、誕生します

あらすじ

『新解釈・三國志』とは?今から1800年前。中華統一を巡り三国【魏・蜀・呉】が群雄割拠していた時代。民の平穏を願い、のちに英雄と呼ばれる一人の男・劉備が立ち上がった。激動の乱世を経て、物語はやがて[魏軍80万]vs[蜀・呉 連合軍3万]という、圧倒的兵力差が激突する「赤壁の戦い」に突入していく!―――という超有名歴史エンターテイメント「三國志」を“脚本・監督:福田雄一流の新たな解釈”で描く、完全オリジナル映画でございます。「銀魂」×「今日俺!!」×「勇者ヨシヒコ」全員集合!天下無双のエンタメ超大作!

映画『新解釈・三國志』

2020年12月11日(金)全国公開

大泉洋
賀来賢人 橋本環奈 山本美月 岡田健史/橋本さとし 高橋努/岩田剛典 渡辺直美/磯村勇斗 矢本悠馬 阿部進之介 半海一晃
ムロツヨシ
山田孝之  城田優  佐藤二朗 /西田敏行(語り部)
小栗旬

脚本・監督:福田雄一 音楽:瀬川英史 プロデューサー:北島直明 松橋真三

主題歌:福山雅治「革命」(AMUSE/UNIVERSAL J)

■脚本・監督:福田雄一
■配給:東宝
Ⓒ2020映画「新解釈・三國志」製作委員会 
■公式HP:shinkaishaku-sangokushi.com
■公式Twitter:@new_sangokushi

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.