11月28,29日に富士スピードウェイで開催されたスーパーGT選手権最終戦で、予選7番手からスタートしたRAYBRIG NSX-GTがファイナルラップでトップのKeePer TOM'S GR Supraを逆転。勝利を飾るとともにシリーズタイトルを獲得した。

KeePer TOM'S GR Supraがポールポジション

土曜日に行われた予選Q1では37号車KeePer TOM'S GR Supraの平川亮がトップで通過。続くQ2では、ニック・キャシディの代役として第7戦から起用された山下健太がコースレコードタイム叩き出しポールポジションを獲得した。これにより1ポイントが加算された37号車スープラは、17号車KEIHIN NSX-GTをポイントで上回り、暫定ランキングトップに浮上。2番手に39号車DENSO KOBELCO SARD GR Supra、3番手に36号車au TOM'S GR Supra、そして4番手に38号車ZENT GR Supraと、グリッド2列目までをブリヂストンタイヤ装着のスープラ勢が占拠する結果となった。

画像: 「世界のヤマケン」山下健太のパフォーマンスに平川亮も珍しく顔を綻ばせる。

「世界のヤマケン」山下健太のパフォーマンスに平川亮も珍しく顔を綻ばせる。

画像: チームトムスの1-3グリッド、一の矢二の矢。

チームトムスの1-3グリッド、一の矢二の矢。

MOTUL AUTECH GT-Rがスタートダッシュ

日曜の決勝レースは、3周に延長されたフォーメーションラップにより当初の66周から減算され65周で争われる。スタート直後こそ4台のスープラが順当に1コーナーをクリアするが、6番手スタートの23号車MOTUL AUTECH GT-Rがミシュランタイヤの特性を生かし次々とスープラをパス。1周目を終わるころにはトップに立ちレース序盤にリードを広げる。

画像: 3周のフォーメーションラップでもタイヤの暖まりは不十分か。

3周のフォーメーションラップでもタイヤの暖まりは不十分か。

画像: ミシュランタイヤのウォームアップ性能がMOTUL AUTECH GT-Rを後押しする。

ミシュランタイヤのウォームアップ性能がMOTUL AUTECH GT-Rを後押しする。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.