イスラエルから届いたユーモラスで心あたたまる大人の珠玉作『声優夫婦の甘くない生活』が2020年12/18 (金)より全国順次公開。このたび主演2人の表現力を絶賛する映画人からのコメントが到着。その演技力が垣間見える本編映像も解禁された。
画像: 12/18(金)公開『声優夫婦の甘くない生活』プロ声優が魅せる熟練の演技力!本編映像 youtu.be

12/18(金)公開『声優夫婦の甘くない生活』プロ声優が魅せる熟練の演技力!本編映像

youtu.be

本作は、イスラエルに移民した吹き替え声優夫婦の、波乱万丈の第2の人生を描く、ビタースイートであたたかい大人の珠玉作。妻の秘密が発覚したことをきっかけに、長年気付かないふりをしてきたお互いの「本当の声」が噴出し始める。監督が旧ソ連圏から移民した自身の経験をもとに、7年の歳月をかけて作り上げた珠玉作は、ヨーロッパの映画祭を中心に喝采を浴びて高い評価を得た。

本作を彩るのは、声優夫婦の歴史を形作ってきた名画の数々。今年、生誕100周年を迎える巨匠フェデリコ・フェリーニや、ハリウッドの往年の名作へのオマージュが、アキ・カウリスマキを思わせるクラシカルな映像と相まって、甘美なノスタルジーに誘ってくれる。

日本映画界で夫婦や家族のドラマを数多く描いてきた巨匠、山田洋次監督は、「白髪頭の二人の主役の見事な表現力。役者は六十歳を超えなきゃ一人前とはいえないか、とつい思ってしまった 」と主演夫婦の熟練の演技力を絶賛!

また、映画コメンテーターの有村昆さんとフリーアナウンサーの丸岡いずみさんは、ご夫婦揃って映画を鑑賞。“ビターな夫婦生活“のリアルさに共感しながら、「(中略)心に火を灯す作品」とコメントを寄せた。映画コラムニストの新谷里映さんも、「(中略)とても人間くさくて愛情深い、映画愛に満ちた素敵な映画!」と本作を賞賛している。

このたび到着した本編映像は、山田監督はじめ映画人たちが絶賛した、主演マリア・ベルキンの驚きの演技力を垣間見られるシーンだ。

テレフォンセックスの仕事で22歳のバージン「マルガリータ」を演じていたラヤだが、乗り気にならない客に電話を切られそうになってしまう。すると、相手の性格や好みを察知した彼女は、突然キャラクターをチェンジ!

低めのセクシーな声で、「主婦なの 日々の生活に飽き飽きして 冒険を求めてる」と、刺激を求める人妻になりきってしまった! 客は、まさかの自分好みの女性出現で興味津々に。夫に隠してこの仕事をしていると語りながら、声だけでなく、雰囲気もさっきまでとは別人のようなラヤ…!

実は本当にロシア語吹き替えの声優としても活躍しているベルキンだからこそできる見事な声の演じ分け。彼女の熟練の表現力にも注目だ。

コメント一覧 *順不同、敬称略

白髪頭の二人の主役の見事な表現力。役者は六十歳を超えなきゃ一人前とはいえないか、とつい思ってしまった。 上質な舞台劇のような上品な作品。
山田洋次 (映画監督)

ガスマスクをして映画を見るシーンはまさに今の我々を観ているようだ。厳しい社会情勢であろうとも、懸命に生きる勇気を与えてくれる作品。テレホンセックスの仕事を内緒でやっている妻を発見してしまうところは、夫婦で観ていてなんともむず痒くなるが大好きなシーン。
有村昆 (映画コメンテーター)

妻が本当に愛して欲しかったのは、スター声優の自分でも、夫に従順な妻として生きる自分でもなかった。時代背景や国は違っても多くの女性が共感できる“ビターな夫婦生活“の現実。夫婦の再生は何度でも可能だと思わせる心に火を灯す作品だ。
丸岡いずみ (フリーアナウンサー)

移住によって見えてくる夫婦の本音。そのなかで描かれる声優のプロとしての葛藤と新しい扉への期待。とても人間くさくて愛情深い、映画愛に満ちた素敵な映画!
新谷里映 (映画コラムニスト)

声優夫婦の甘くない生活
2020年12月18日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
配給:ロングライド 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.