関東牛刀って、いわゆる西洋包丁のことだそうです。一般家庭にある普通の?包丁。曽根原氏は刃物全般に興味をもち、千葉県に工房を構える鍛冶職人にアクセス、通いつめて作品に仕上げました。鋭い作品が多数展示されています。

画像: 曽根原 昇写真展『関東牛刀ここにあり』。日本で唯一の関東牛刀作りの職人にスポットを当てた個展です。
画像: ■会場:富士フォトギャラリー銀座 スペース1 中央区銀座1-2-4-4F ■会期:開催中 ~12月3日(木) 10:30~19:00(平日) 11:00~17:00(土日) ※最終日 ~14:00

■会場:富士フォトギャラリー銀座 スペース1 中央区銀座1-2-4-4F
■会期:開催中 ~12月3日(木) 10:30~19:00(平日) 11:00~17:00(土日) ※最終日 ~14:00

画像: 会場には包丁作成の過程が見られる展示もあります。

会場には包丁作成の過程が見られる展示もあります。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.