2020年11月27日、F1第15戦バーレーンGPがバーレーン・インターナショナル・サーキットで開幕する。新型コロナウイルスの影響で超過密日程で行われてきた今シーズンのF1グランプリも、バーレーンでの2戦、そして最終戦アブダビGPの最後の中東3連戦を残すのみとなった。すでにドライバーチャンピオン、コンストラクターチャンピオンは決定しているため、この3連戦では純粋な激しいバトルが見られそうだ。さっそく、今週末のバーレーンGPの見所を探ってみよう。

バーレーンでのふたつのGPはコースレイアウトと開始時間を変えて開催

バーレーンGPは中東地域における初のF1グランプリとして2004年シーズンよりカレンダーに加わった。以来、毎年シーズン序盤の3月から4月にかけて行われてきたが、今年は新型コロナウイルスの影響でシーズン終盤に移動、さらに2週連続で開催されることになった。そのため、1戦めの第15戦バーレーンGPとして通常のコースレイアウトで、2戦めの第16戦はサヒールGPとしてアウタートラックと呼ばれるショートコースでスタート時間も変更して行われることになった。

1戦めのバーレーンGPをふまえて、2戦めのサヒールGPがどのようなレースになるのか予想してみるのもおもしろそうだ。

バーレーン・インターナショナル・サーキット(正式名称=Bahrain International Circuit )は首都マナーマから30kmほど離れた砂漠の中にF1グランプリ開催のために建設されたレーストラックで、その地名からサヒール・サーキットとも呼ばれている。複数のコースレイアウトで使用できるようにデザインされているのも特徴で、F1でもこれまでいくつかのコース設定が試されたことがある。

画像: 日中の陽射しを避けて、夕方に決勝レースが開始されるため、トワイライトレースと言われる。

日中の陽射しを避けて、夕方に決勝レースが開始されるため、トワイライトレースと言われる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.