2020年11月26日、ボルボ・カー・ジャパンはミドルサイズクラスの60シリーズのうち、セダンのS60とクロスオーバーSUVのV60クロスカントリーを一部改良、同日に発売した。

タイトル写真:今回一部改良を受けたS60(上)とV60クロスカントリー(下)。

パワートレーンの変更だけでなく、装備面の充実化も図られた

コンパクトSUVのXC40からフラッグシップステーションワゴンのV90まで、日本国内で販売されるボルボの全ラインアップ、そして全グレードの電動化が完了した(特別仕様車を除く)。

ボルボは2016年1月にラージサイズSUVのXC90で電動化モデルを導入して以降、V90やXC60、最近ではXC40にもPHEV(プラグインハイブリッド)モデルを用意、さらに2020年8月には新パワートレーンの48V MHEV(マイルドハイブリッド)モデルを投入するなど、電動化モデル拡充路線を加速させていた。そして2020年11月26日、S60とV60クロスカントリーの一部改良を行うと同時にパワートレーンに48V MHEVを導入、全ボルボラインアップ電動化となった。

画像: ボルボS60とV60クロスカントリーが一部改良を受けた。写真の右は新たに追加されたグレードのS60 B5 Rデザインで、左はV60クロスカントリー B5 AWD Pro。

ボルボS60とV60クロスカントリーが一部改良を受けた。写真の右は新たに追加されたグレードのS60 B5 Rデザインで、左はV60クロスカントリー B5 AWD Pro。

セダンのS60には従来ガソリンエンジン搭載のグレードであるT4とT5を用意されてきたが、これが「B4」と「B5」に置き換わる。

B4は2L直4ターボ(197ps/300Nm)のガソリンエンジンとモーター(ISGM・10kW/40Nm)を搭載、B5はよりハイパワーな2L直4ターボエンジン(250ps/350Nm)とモーター(ISGM・10kW/40Nm)を組み合わされる、いずれもFFモデルだ。従来からあるPHEVグレードは名称を「リチャージ プラグインハイブリッド T6」に改められる。253ps/350Nmを発生する2L直4ターボ+スーパーチャージャーエンジンと、前後にふたつのモーターを配置した電気式4WDモデルだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.