2020年11月25日 、グループPSAジャパンは、プジョーの新コンセプトMPVである「リフター(RIFTER)」のカタログモデルを発表し、販売を開始した。昨年2019年10月にリフター導入決定を記念した特別仕様「デビューエディション」が先行して登場しているが、いよいよカタログモデルとして本格展開を始めることになる。

高いユーティリティと力強い走りが豊かな生活を演出

プジョー リフターはSUVのスタイル、走行性能を融合させた、他にない個性の新コンセプトMPV(マルチパーパスヴィークル)。

中でもそのユーティリティは出色で、リアドアは両サイドともスライド式、リアシートは3座独立の3分割可倒式となっており、5人乗り状態で1m、2人乗り状態で1.88m、助手席を倒せば最長2.7mの長尺の荷物にも対応。ラゲッジルーム容量は5名乗車時でトノカバー下597L、2列目シートを倒した最大積載状態では2126Lとなり、現行プジョーで最大容積をもつSUV 5008の1862Lを大幅に上回る(容量はVDA欧州参考値)。

さらに巨大なリアゲートにはガラス部分のみを個別で開閉することが可能なリアオープニングガラスハッチを装備、テールゲートを開けずにガラスハッチから簡単にアクセスでき、狭いエリアでもリアスペースを利用できる。また、フレキシブルラゲッジトレイの高さをミドルポジションにすることで、ラゲッジスペースを上下に分割させることも可能で、ガラスハッチとリアゲートで荷物を完全にセパレートし使い分けることできる。

加えて、パノラミックルーフに収納スペースを融合させたマルチパノラミックルーフ(GT ライン ファーストリミテッドに標準装備)も装備。これは、フロントルーフに収納トレイを設け、さらに中央部にはバッグインルーフとして最大14Lまでのバッグを収納可能としたもの。電動サンシェード付きで夏場の室内温度上昇にも対応する。またルーフアーチ中央部には調整可能なムードライト、さらにリアシート頭上後方には容量約60Lのリアシーリングボックスを配置する。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.