2020年11月25日、ドゥカティが四輪メーカーの「ランボルギーニ」とコラボレーションしたニューモデルを発表しました!

イタリアンメーカーのコラボで生まれたドゥカティ「ディアベル1260ランボルギーニ」

画像: ドゥカティ「ディアベル1260ランボルギーニ」とランボルギーニ「シアンFKP 37」

ドゥカティ「ディアベル1260ランボルギーニ」とランボルギーニ「シアンFKP 37」

イタリアを代表する二輪車メーカーのドゥカティ。そして高級スポーツカーで知られるランボルギーニ。どちらもイタリアで「モーターバレー」と呼ばれる自動車産業の一大地域、エミリア・ロマーニャ州に拠点を置いています。

今回誕生したドゥカティ「ディアベル1260ランボルギーニ」は両社によるこだわりやポリシーが詰まった一台です。

ベースとなっているバイクは、ドゥカティが誇るスポーツクルーザー「ディアベル1260S」。搭載する「テスタストレッタDVTエンジン」はL型2気筒で、排気量は1262cc、最高出力は162PS/9500rpm・最大トルクは13.2kgm/7500rpmを発揮。

そんなディアベル1260Sに、ランボルギーニが2019年発表したハイブリッドV12エンジンを搭載するスーパースポーツカー「シアンFKP 37」のイメージを組み込み生まれたのが、今回のドゥカティ「ディアベル1260ランボルギーニ」です。

画像: 燃料タンクの上部にはランボルギーニのエンブレム。

燃料タンクの上部にはランボルギーニのエンブレム。

ボディカラーには、シアンFKP 37と同一の特徴的な「ジーア・グリーン」を採用。

カラーのみならず、シアンFKP 37を想起させる専用の鍛造ホイールを搭載。さらに、カーボンファイバー製エアインテークやラジエーターカバーも装備。

画像1: イタリアンメーカーのコラボで生まれたドゥカティ「ディアベル1260ランボルギーニ」

くわえて、サイレンサーカバー、スポイラー、センター・タンクカバー、シートカバー、フロント&リアフェンダー、ダッシュボードカバー、ヘッドライトフレームもカーボンファイバー製となっています。

画像2: イタリアンメーカーのコラボで生まれたドゥカティ「ディアベル1260ランボルギーニ」
画像3: イタリアンメーカーのコラボで生まれたドゥカティ「ディアベル1260ランボルギーニ」
画像4: イタリアンメーカーのコラボで生まれたドゥカティ「ディアベル1260ランボルギーニ」

ドゥカティ「ディアベル1260ランボルギーニ」は世界630台限定生産

シアンFKP 37は、ランボルギーニが設立された1963年にちなんで63台の限定生産車となりました。ディアベル1260ランボルギーニも、この数字を取り入れ、その10倍の630台が限定生産されます。

ドゥカティジャパンによれば、日本での発売も予定しており、発売時期は2021年春以降となるとのこと。現時点で価格は発表されていません。

画像: フレームにはシリアルナンバーが入ります。

フレームにはシリアルナンバーが入ります。

画像: ボディにはしっかりと「63」。

ボディにはしっかりと「63」。

画像: New Diavel 1260 Lamborghini | The shape of style www.youtube.com

New Diavel 1260 Lamborghini | The shape of style

www.youtube.com

ドゥカティ「ディアベル1260ランボルギーニ」主なスペック

ホイールベース1600mm
シート高780mm
車両重量246kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブL型2気筒
総排気量1262cc
ボア×ストローク106×71.5mm
圧縮比13.0
最高出力119kW(162PS)/9500rpm
最大トルク129N・m(13.2kgf・m)/7500rpm
燃料タンク容量17L
変速機形式6速リターン
キャスター角27゜
トレール量120mm
タイヤサイズ(前・後)120/70 ZR17・240/45 ZR17
ブレーキ形式(前・後)Φ320mmダブルディスク・Φ265mmシングルディスク
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.