2020年11月25日、ベントレーモーターズジャパンは、新型ベンテイガ スピードの日本での販売価格を3261万5000円(税込)と発表した。導入開始は2021年の第2四半期を予定している。

635psと900Nmを発生する6.0LのW12ツインターボを搭載

画像: W12ツインターボエンジンを搭載した、ベンテイガ スピード。

W12ツインターボエンジンを搭載した、ベンテイガ スピード。

ベンテイガは、ベントレー初のラグジュアリーSUVだ。2015年に発表され、日本では翌2016年から発売されている。2020年6月に大幅改良された新型が発表され、日本仕様は2020年末頃からデリバリー開始の予定だ。

改良前にもベンテイガには「スピード」と名づけられたハイパフォーマンスモデルが設定されていたが、改良後の新型にも追加設定された。「スピード」というサブネームは2007年に登場したコンチネンタルGT スピードから採用されており、今回の新型ベンテイガ スピードも、歴代「スピード」モデルの伝統と先代ベンテイガ スピードの圧倒的な性能が受け継がれている。ちなみに、先代モデルは2018年のパイクスピーク インターナショナル ヒルクライムに参戦して、量産SUVの新記録を樹立している。

エクステリアやインテリアは、改良された新型ベンテイガ同様にデザインは一新され、さらに「スピード」専用のアイテムが与えられている。

画像: インテリアも新型ベンテイガと同様にデザインが一新されている。

インテリアも新型ベンテイガと同様にデザインが一新されている。

エクステリアでは、ダークティントのヘッドライト&テールライト/ラジエター&バンパーグリル、ボディと同色のサイドスカート、独特の前後バンパー、延長されて印象的になったテールゲートスポイラー、22インチの専用ホイール、そして楕円形のエキゾーストフィニッシャーなどが装着されている。

インテリアでは、「スピード」専用のカラースプリットで、シートとインテリアトリムのプライマリーレザーがアクセントとなり、ダークカラーを引き立てる。ドアまわりや、シートクッションとバックレストボルスターの縁部分、ロアコンソールなどには、コントラストカラーのレザーが配される。カラースプリットにはアルカンターラも導入された。シートバックには「Speed」の刺繍が標準で入り、無償オプションでベントレーのロゴも入れられる。

パワーユニットは、狭角V6を二つ合わせたベントレー独特の6.0L W12ツインターボエンジンで、最高出力は635ps、最大トルクは900Nmを発生。しかも最大トルクは1500〜5000rpmという幅広い回転域で発生する。このエンジンの製作だけで、ベンテイガ スピードの完成に必要な総作業時間の約10分の1が費やされるという。

画像: 前後席ともシートバックには「Speed」の文字が刺繍で入れられている。

前後席ともシートバックには「Speed」の文字が刺繍で入れられている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.