メルセデスの中核SUVとなるGLE。そこに加わったクーペボディは、カッコいいスタイルに相応しい実力を備えているのか。さっそく試乗に連れ出した。(Motor Magazine 2020年12月号より)

Eアクティブボディコントロールの絶妙の制御に括目

2世代目となるGLEクーペ。そのボディサイズは、全長4955mm(従来比+65mm)、全幅2020mm(同+5mm)、全高1715mm(同-15mm)、ホイールベースは2935mm(同+20mm)である。そのスタイルはひと目見て「カッコいい」。全長やホイールベースが広がったことでよりデザインの自由度が大きくなったことがいい方向に現れた好例だと思う。

大きくなったボディはユーティリティ性能の向上にも繋がり、荷室は、標準時が655L、最大で1790Lに拡大できる。これは従来より70L増加している。さらにエアサスペンションを標準装備し、ボタンを押すだけでテールエンドを50mm下げる機能やリアバンパー下に足を近づけることで開閉できるテールゲート自動開閉機能も備える。

画像: 試乗車のボディカラーはセレナイトグレーメタリック。GLEは7名乗車だが、GLEクーペは5名乗車となっている。

試乗車のボディカラーはセレナイトグレーメタリック。GLEは7名乗車だが、GLEクーペは5名乗車となっている。

注目は、Eアクティブボディコントロールで、これはカメラで前方の路面のおうとつを検知して48V電動油圧ユニットとエアサスペンションを制御することでフラットな姿勢を保ちつつ快適な乗り心地を実現するものだ。だが残念ながらオプション。その対価は77万円だ。この乗り心地はぜひとも味わいたいものだが敷居はそれほど低くない。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.