2008年1月のデトロイトショーでデビューしたBMW X6。「SUVクーぺ」という新しい発想から生まれたモデルだ。北米市場を中心にビッグサイズのプレミアムSUVの人気は高まっていたが、その斬新なスタイリングはどのように受け入れられたのか。今回はアメリカ・サウスカロライナで行われた国際試乗会の模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine2008年6月号より)

個性的なビッグサイズSUVの中でも異彩を放つ

X6はBMWが考え、世に送り出したニッチモデル、「SUVクーペ」である。「セダンにクーペがあるのだから、SUVにもクーペがあってもおかしくない」。確かにそうなのだが、それが一般のユーザーに一体どれほどのインパクトを与えるものなのか。これまでショー会場で観察しただけでは、なかなかピンとくるものはなかった。

そう思いながら遥々アメリカ南部のサウスカロライナ州、グリーンビルまでやって来た。まず自然光の下、様々なクルマの間に置かれたX6は、ポジティブな意味で個性的な印象を放っていた。

X5のプラットフォーム上に、まったく新しいボディが乗っているのだが、長さ4877mm、幅1983mm、高さ1690mmと、X6は長く、幅広く、そして低い。美的かと聞かれると戸惑うが、少なくとも私は気に入って、隣に並んでいたX5が重苦しいSUVのワゴンに見えてきた。しかし実際はV8エンジン同士を比べるとX6は2265kgで、X5(2185kg)より重い。

選んだ試乗車は新しい4.4L V8直噴ガソリンツインターボエンジンを搭載したX6 xDrive 50iで、最高出力407ps、最大トルク600Nmを発生する。

コクピットに乗り込むと見慣れたX5のインテリアが迎えてくれる。ドライビングポジションはX5よりやや低めだが、目前にはそれでも十分な視界が広がる。反対に後ろを振り向くと、フラットなリアゲートに寝かされたリアウインドウを通しての眺めは、トンネルの中から外を見ているようである。リアシートがセパレートになって二人しか乗れないのは、後方視界を確保するためかも知れないと勘ぐってしまう。ちなみにリアコンパートメントは低くスラントしたルーフにもかかわらず180cm以下の身長であれば、ロングドライブでも十分に寛げる。

画像: インパネまわりのデザインはX5と共通となる。着座位置はX5よりもやや低めな印象だが、前方視界は十分に広く安心感がある。

インパネまわりのデザインはX5と共通となる。着座位置はX5よりもやや低めな印象だが、前方視界は十分に広く安心感がある。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.